早期に弁護士に相談した方が良いケース

早期に弁護士に相談した方が良いケース

不倫慰謝料請求を受けた場合は、法律上負うべき責任の範囲を明確に把握し、あなたの人生に与える代償を最小限度にとどめるためにも、まずは出来るだけ早く専門家である弁護士に相談することを強くお勧めします。

特に、以下の場合には、早期に弁護士に相談・依頼した方が良いでしょう。

1.弁護士からの請求があった場合

早期に弁護士に相談した方が良い典型例は、あなたの不倫相手の妻・夫が依頼した弁護士から不倫慰謝料を請求する連絡や書面が届いた場合です。

あなたの交渉相手は交渉対応・訴訟対応の専門家であり、不倫慰謝料請求に関する多くの知識と経験を有しています。

相手の弁護士は、将来の損害賠償請求訴訟をも見越した上で、相手にとって不利益となる隙は見せず、こちらに不利益となるように交渉を着々と積み上げようとしてきます。

また、弁護士に依頼をした不倫相手の妻・夫は、弁護士に依頼をせずに直接不倫慰謝料を請求してくる場合よりも強い覚悟で不貞慰謝料請求をしてきている場合が多いです。

そのような状況で、ひとりで交渉を進めることは精神的にも辛いでしょうし、交渉上も圧倒的に不利です。

交渉を続ければ続けるだけ、交渉上不利な状況に追い込まれていってしまう可能性があります。

そのため、このような場合には、できれば相手の弁護士に連絡をする前に、今後の対応を弁護士に相談することを強くお勧めします。

2.相手が感情的になってヒートアップしている場合

相手はあなたに、浮気・不倫をされた悲しみや悔しさといった感情的な憤りをぶつけようとしています。

そのような相手にご自身で対応しても、相手はまず納得しないでしょうし、結局、火に油を注いでしまうこととなる可能性が高いです。

その結果、ますます状況が悪化していき、解決が困難な状況に陥ってしまうリスクがあります。

また、感情的になった相手からの犯罪行為の被害に遭わされてしまう可能性もあります。

さらには、相手が「職場にバラすぞ!」「ネットに公開するぞ!」などといった脅迫じみた言動をしている場合には、速やかに相手を強くけん制しなければ本当にそのような行動をされてしまう可能性もあります。

その場合は、相手が自然に待つことができる期間のうちに(相手からの請求が届いた後できるだけ速やかに)、弁護士に相談して、今後の対応について十分に検討をすることは極めて有用であり、強くお勧めします。

3.自宅に連絡が届くことを避けたい場合

弁護士が間に入って交渉を進める大きなメリットとして、不貞慰謝料交渉の窓口を弁護士に全面的に委ねることができるということがあります。

その結果、自宅に不倫相手の配偶者が依頼した弁護士からの書面が届くことがなくなりますので、不貞慰謝料の交渉を誰にも知られずにあなただけの問題として進めることができます。

このように、あなたが家族などと同居生活をしている場合には、早期に弁護士に依頼をすることにより人生に与える代償を最小限度にとどめることができます。

関連記事

請求されていることを家族や配偶者に秘密にしたい

不倫慰謝料の減額交渉を行う場合には、不倫相手の配偶者や不倫相手の配偶者が依頼した弁護士との間で何度もやり取りをする必要があります…

     

この記事の執筆者

弁護士法人レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由