DV・モラハラ

保護命令とは?保護命令の種類や保護命令の流れを弁護士が解説

2022-09-02

保護命令はDV夫から身を守るための制度です

 DV夫と離婚する際には、DV夫に対する慰謝料請求が認められる場合も多いです。
 ただ、DV夫との間で離婚の話を進める前提として、まずはDV夫から自分と子どもの身の安全を確保しなければならない場合があります。
 DV夫の暴力から自分と子どもの身を守るための制度として、配偶者暴力防止法(DV防止法)は保護命令という制度を定めています。
 この記事では、保護命令の種類や保護命令がどのような仕組みでDV夫からあなたや子どもの安全を確保しているのか(保護命令を獲得した後の流れ)を解説しています。

【この記事を読む】

モラハラとは?モラハラ夫(妻)の特徴や具体的な言動と対処法

2022-08-05

家庭という「三密」で行われるモラハラの悪質性

 モラハラ(モラルハラスメント)とは精神的虐待(精神的暴力)のことを言います。
 夫婦間のモラハラは「家庭」という「三密」で恒常的に行われるため(密閉空間・密集場所・密接場面でのモラハラ)、モラハラ被害者に逃げ場がなく、精神疾患などの深刻な被害が生じかねないものです。
 モラハラ人間の大きな特徴の一つに「自分は相手よりも上・相手は自分よりも下」という精神性があり、そこから様々なモラハラ行動が引き起こされます。
 モラハラ夫(妻)の一般的な特徴、具体的なモラハラ行動、モラハラ被害者が陥りがちな状況を解説します。

【この記事を読む】

DV夫から今すぐ逃げる方法!シェルター利用の流れや重要事項を解説

2022-06-03

DV夫から今すぐ逃げてそのまま離婚に至る方法

 DVの被害、特に身体的DVの被害の場合は、命の危険を感じたり、極めて強い恐怖を感じたりすることもあるものです。
 定期的に暴力を振るってくるDV夫から自身や子どもの身を守るための最も有効な手段は、DV夫と別居してDV夫と物理的に距離を置くことです。
 ただDVは家庭内で行われる行為であるため、DV夫から逃げたくても逃げられないという状況に陥ることもあります。
 そのような場合に利用できるのが、シェルターです。
 この記事では、シェルターに入るまでの流れやシェルターに関する重要事項(子どもとの入所、利用可能期間、利用料金など)について解説します。

【この記事を読む】

【性的DV】夫による性的暴力・性的強要という悪質なDVと離婚・慰謝料

2022-05-21

性的DVの被害から人生を守るために

 性的DV(配偶者による性的暴力・性的強要)とは、性的な行為を通じて配偶者を肉体的・精神的に支配することを言います。
 配偶者からの性的暴力・性的強要の被害は内容的に最も他人に相談しにくく、また、DVの被害に遭っているものと気がつきにくい場合もあります。
 ただ、夫婦であるからといって性的な行為を強要することは一切許されず、望まぬ性的な行為は全て性的DVに該当する可能性があります。
 性的DVは決して許されるものではなく、夫の一方的な性的欲望を満足させるために我慢をする必要は一切ありません。
 夫にやりたい放題させているままでは、いつまで経っても変わりません。
 手はあります。まずは、ご相談を。

【この記事を読む】

経済的DVとは?対処法や経済的DVを理由とする離婚問題について解説

2022-05-18

ドケチ夫は「経済的DV夫」かもしれません

 経済的DVとは、一般に、配偶者による金銭の消費を徹底的に制限・管理して監視下に置く行為をいいます。
 稼ぎのない状況で生活資金を徹底管理され監視下に置かれたら、相手に従わざるを得ない状況に陥る可能性があります。
 経済的DVを行う理由は、相手の性格的な問題や相手が家庭よりも自分の欲望を優先している場合などもありますが、経済的支配関係にあること自体が目的となっている危険な共依存の状況である場合もあります。
 この記事では、どこから経済的DVなのかのチェック項目や、経済的DVを理由とする離婚問題・慰謝料請求や裁判所に経済的DVを認めてもらうために必要な証拠などについて解説します。

【この記事を読む】

DV離婚の慰謝料相場と慰謝料が裁判で認められるための証拠

2022-04-10

DV離婚の裁判で高額の慰謝料を得るには

 DV離婚で慰謝料を請求する場合、合意が成立せずに離婚裁判に至る場合も多いです。
 裁判所が認めているDVの慰謝料の具体的な金額は、少ない場合は数十万円程度であり、多いと800万円を超えている例もあるなど、具体的な事情によってかなりの幅があります。
 ただし、いずれにしても、裁判所にDVの慰謝料を認めてもらうためには、DVの事実・程度などを証明するための証拠が重要です。
 具体的にどのような事情があれば慰謝料が高額となるのでしょうか。
 また、慰謝料を得るためには具体的にどのような証拠が必要となるのでしょうか。

【この記事を読む】

【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません

2022-04-09

DV被害の可能性を感じたら

 DVの種類には、身体的DV以外にも、精神的DV、経済的DV、性的DV、社会的DVがあります。
 その他にも、悪質なDVの手法として、子どもを使ったDVがあります。
 コロナ禍の影響により夫婦で過ごす時間が増加したことに伴い、今まで見えてこなかった配偶者のDVの予兆を感じることもあるでしょう。
 ご自身がDVの被害を受けていることはないか、配偶者がDVをしてくる予兆を示してはいないか、ご確認ください。

【この記事を読む】

DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項

2022-04-08

DV夫との離婚を安全に進めるために

 今から離婚を切り出して離婚の話を進めようとしている相手(DV夫)は、自分の妻に暴力を振るえるタイプの人間です。
 そのような相手(DV夫)は、離婚を切り出されたことで逆上して強烈な暴力を振るってくることがあります。
 それを避け、DV夫との間で身の安全を確保しつつ離婚の話を進めるためには、別居や保護命令の申立てなどの方法を検討するべきです。
 また、DV夫に対して慰謝料を請求するためには証拠を確保しておくことが重要です。

【この記事を読む】

モラハラ離婚の慰謝料の相場と慰謝料獲得を失敗しないための方法・必要な証拠を説明

2022-03-25

モラハラ離婚で高額の慰謝料を得るための工夫

 モラハラ(モラルハラスメント)とは精神的虐待(精神的暴力)のことを言います。
 モラハラを理由とする慰謝料の相場金額と、慰謝料の請求を成功させるために必要な工夫、及びそのための証拠を解説しました。
 モラハラ夫(妻)は、自らの落ち度を決して認めず、絶対に慰謝料の支払いにだけは合意しないという強いプライドを持っている場合が多いです。
 そのため、慰謝料の合意を得るためには、そのような相手のプライドに配慮しつつ、経済的利益の獲得を目指すという工夫が必要です。

【この記事を読む】

モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件の全体像を順に解説

2022-03-24

モラハラ離婚の離婚条件の全体像を把握しよう

 モラハラ(モラルハラスメント)とは精神的虐待(精神的暴力)のことを言います。
 モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件は、概ね子どもに関する事項(①子どもの親権者、②面会交流の条件(面会条件))とお金に関する事項(①財産分与、②離婚慰謝料、③養育費、④年金分割)です。
 離婚の理由がモラハラである場合に、この離婚条件についてどのように考え、どのように相手との話し合いを進めていけば良いか(特に面会交流の条件(面会条件)と慰謝料について)を解説しました。

【この記事を読む】 « Older Entries

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由