面会交流

面会交流は拒否できる?拒否が認められる事情と拒否した場合のリスク

2022-06-09

面会交流には拒否するべき場合がある

 面会交流とは、子どもと離れて暮らしている父母の一方(別居親)が子どもと会って話をしたり、一緒に遊んだり、電話や手紙などの方法で交流することをいいます。
 家庭裁判所は、面会交流は原則として実施されるべきであるという考えに基づいて話し合いを進めてきます。
 ただ、子どもに悪影響が生じるような面会交流は実施されるべきではありませんし、むしろ子どものために面会交流を拒否するべき場合もあります。家庭裁判所も状況によっては面会交流の実施を否定する場合があります。
 この記事では、面会交流の拒否が認められる事情と面会交流の拒否が認められない事情、及び、面会交流を拒否し続けた場合のリスクについて解説します。

【この記事を読む】

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由