夫以外の子(不倫相手や再婚予定の男性の子)を妊娠した時の選択肢

妻が出産した夫以外の子に責任を負う男性は誰?

 夫以外の男性の子(不倫相手の子や再婚予定の男性の子など)を妊娠した女性には、①その子を夫の子として育てる、②夫と離婚して一人で育てる、③子どもの本当の父親と再婚して育てる、という選択肢が考えられます。
 ただし、いずれの選択肢も自分だけの都合で決められるものではなく、夫や子どもの本当の父親(生物学上の父親)がどのように考え、どのように決断するのかによって大きく影響されます。
 夫以外の男性の子を妊娠した場合には、次の人生の安定に向けてこの難問を解消していかなければなりません。

1.不倫相手の子や再婚予定の男性の子を産むかどうか

夫以外の男性の子(不倫相手の子や再婚予定の男性の子など)の妊娠が発覚した場合、何よりもまず、以下の事項を速やかに決断するべきです。

妊娠発覚後に速やかに決断するべき事項

➡️子どもを「産む」か「産まない」か

日本では妊娠22週未満(妊娠21週6日まで)であれば中絶することができますが、中絶は心身に多大な影響を与えます。

特に初期中絶ができる期間(妊娠12週まで)を超えて中期中絶に至ると途端に心身への影響が大きくなるとともに、費用も高額となったり、役所に死産届と死産証明を提出する義務が生じたりします。

子どもを「産む」か「産まない」かの判断は速やかに行わなければなりません。

「産む」か「産まない」かの判断を子どもを妊娠した女性のみで行う必要はなく、子どもの父親などと話し合って決めることとなることが多いでしょう。

ただし、最終的な判断は子どもを妊娠した女性の決断に委ねられ、誰からも強制されることはありません。

夫との関係はどういう状況か、育児に協力してくれる人がいるか、出産を祝福してくれる人がいるか、生まれてきた子どもの成長を見守ってくれる人がいるか、その子どもの父親と結婚できるか、結婚できないまでもちゃんと養育費を支払ってもらえるかなどの事項は、子どもを「産む」か「産まない」かの判断の前提として重要な事項でしょう。

この記事では、子どもを「産む」と決断した場合に生まれてきた子どもの法律上の父親となって扶養義務などの責任を負うべき男性が誰になるのかを中心に、解説します。

2.夫以外の男性との間の子どもの法律上の父親は誰?

子どもに対して扶養義務を負い養育費を負担する責任を負うのは、法律上その子どもの父親であるとされた男性(法律上の父親)です。

子どもの法律上の父親に関しては、それが子どもの生物学上の父親と一致している状況が本来の形でしょう。

しかしながら、母親と異なり、父親は子どもを身に宿しているわけでも出産するわけでもありませんので、子どもの生物学上の父親であることが客観的に示されているわけではありません。

だからといって、常にDNA鑑定などで父親と子どもの生物学上の親子関係を厳密に確認することは現実的ではありません。

そのため、民法は、子どもの身分関係の法的安定を保持するために、子どもの法律上の父親を、生物学上の父親を特定するステップを経ることなく、妻が妊娠・出産したタイミングから速やかに確定させることとしています。

  1. 子どもと父親との法律上の親子関係が発生するルール

妊娠したタイミング
…妻が妊娠した子どもは夫の子どもと推定される (嫡出推定、民法772条1項)

妻が妊娠したタイミングが不明であったとしても

出産したタイミング
・妻が結婚から200日経過以降に出産した子どもは夫の子どもと推定される (民法772条2項)
・離婚したとしても、元妻が離婚後300日以内に出産した子どもは元夫の子どもと推定される (民法772条2項)

このようなルールで法律上の父親を確定させることとしている結果、以下の場合は子どもの生物学上の父親と法律上の父親がズレることとなります。

子どもの生物学上の父親と法律上の父親がズレる場合

➡️以下の場合は子どもの生物学上の父親は夫以外の男性であるが、子どもの法律上の父親は夫となる

妻が夫と婚姻中に夫以外の男性の子どもを妊娠した場合
妻が夫と結婚してから200日経過以降に夫以外の男性の子どもを出産した場合
妻が夫と離婚した後300日が経過する前に夫以外の男性の子どもを出産した場合

そして、子どもの生物学上の父親と子どもの法律上の父親がズレている場合は、子どもの本当の父親(生物学上の父親)は、子どもに対して扶養義務を負っておらず、養育費を負担する責任がないこととなります。

3.子どもの生物学上の父親に法律上の父親となってもらうために必要なこと

子どもの本当の父親(生物学上の父親)に子どもの法律上の父親となってもらいたい場合に必要なことは、以下の2つです。

  1. 子どもと夫との間に法律上の親子関係が発生していない状況にする
  2. 子どもと本当の父親(生物学上の父親)との間で法律上の親子関係を発生させる

以下で解説します。

⑴①子どもと夫との間の法律上の親子関係が発生していない状況にする

子どもと夫との間に法律上の親子関係を発生させない方法

上述した通り、夫と離婚したとしても、離婚した後300日が経過する前に子どもを出産した場合には、生まれた子どもと前婚の夫との間に法律上の親子関係が発生することになります。

そのため、子どもと前婚の夫との間に法律上の親子関係を発生させたくない場合には、夫と離婚した後300日が経過する前に出産することとならないよう、妊娠するタイミングに注意する必要があります。

子どもと夫との間の法律上の親子関係を発生させない方法

➡️夫と離婚した後300日が経過する前に出産しない

子どもと夫との間に法律上の親子関係が発生してしまった場合

夫に嫡出否認調停を申し立ててもらう

子どもと夫との間に法律上の親子関係が発生してしまっている場合は、その法律上の親子関係を否定する必要があります。

その方法は、「嫡出否認」という方法です(民法774条)。

ただし、「嫡出否認」という方法を進めるためには、夫による速やかな行動が必要となります。

「嫡出否認」を行うために必要なこと

➡️夫が子どもの出生を知ってから1年以内に嫡出否認調停を申し立てることが必要

そのため、夫以外の男性の子どもを授かった場合には、速やかに夫と話し合って、夫の理解を得ることが必要となります。

そして、夫が申し立てた嫡出否認調停の手続きを通じて夫との間で夫婦の子ではないという合意ができた場合には、裁判所による合意の正当性の確認を経た上で、裁判所から子どもと夫との間の法律上の親子関係を否定する審判が出されることとなります。

  1. 参照:裁判所・裁判手続案内・裁判所が扱う事件・家事事件・嫡出否認調停

親子関係不存在確認調停を申し立てる

夫が子どもの出生を知ってから1年が経過してしまったためにもはや「嫡出否認」との方法を行うことができなくなってしまった場合には、子どもと夫との間の法律上の親子関係を否定する方法はないのでしょうか。

その場合に考えられる方法としては「親子関係不存在の確認」の手続きを行うことです。

「親子関係不存在の確認」の手続きであれば、子どもの母親から開始することができますし、期間制限もありません。

ただ、裁判所は、法律上夫の子どもであると推定されている場合は、DNA鑑定などで子どもの実の父親(生物学上の父親)が夫ではないことが明らかであったとしても、「親子関係不存在の確認」の手続きを行うことを認めていません。

他方、どう考えても夫が子どもの生物学上の父親であるはずがない場合(そもそも夫婦間で一切の接触がないことが明白である場合、夫が性的不能者である場合など)であれば、「親子関係不存在の確認」の手続きを行うことが認められています。

また、そのような例外的な場合ではなかったとしても、夫 (法律上の父親)と母親のいずれもが子どもと夫(法律上の父親)との間の親子関係を否定している場合には、裁判所が「親子関係不存在の確認」の手続きにて子どもと夫(法律上の父親)との法律上の親子関係の否定を認めてくれる場合もあります。

そのため、「嫡出否認」の方法ができなくなったとしても、それで諦めるのではなく、夫(法律上の父親)と話し合って、「親子関係不存在の確認」という方法を進めることが検討できます。

なお、「親子関係不存在の確認」の手続きの進め方も「嫡出否認」の手続きと同様の流れで進めることとなります。

すなわち、夫(法律上の父親)か母親のいずれかが申し立てた親子関係不存在確認調停の手続きを通じて夫との間で夫婦の子ではないという合意ができた場合には、裁判所による合意の正当性の確認を経た上で、裁判所から子どもと夫との間の法律上の親子関係を否定する審判が出されることとなります。

  1. 参照:裁判所・裁判手続案内・裁判所が扱う事件・家事事件・親子関係不存在確認調停

⑵②子どもと本当の父親(生物学上の父親)との間で法律上の親子関係を発生させる

子どもと子どもの本当の父親(生物学上の父親)との間で法律上の親子関係が発生していない場合には、それを発生させる手続きを行う必要があります。

具体的には、子どもの本当の父親(生物学上の父親)に子どもを「認知」してもらうことが必要です。

認知の種類には任意認知(父親となるべき男性が自らの意思で認知するという認知の方法)と強制認知(子どもの側から父親となるべき男性に対して裁判上の手続きを通じて認知するよう請求して強制的に認知させるという認知の方法)があります。

認知の種類

  1. 任意認知
    父親となるべき男性が自らの意思で認知するという認知の方法
  1. 強制認知
    子どもの側から父親となるべき男性に対して裁判上の手続きを通じて認知するよう請求して強制的に認知させるという認知の方法

ただ、母親が認知を希望する以上、本当の父親(生物学上の父親)が認知することを拒否していたとしても、子どもの母親が認知を希望する以上、結局強制認知をさせられる状況に至ることとなります。

そのため、本当の父親(生物学上の父親)が認知することを拒否していたとしても、母親と子どもの本当の父親(生物学上の父親)との間でしっかりと話し合いを行うことで、強制認知に至ることなく、任意認知の方法で認知を行なってもらえることが多いです。

認知により生じる権利(養育費の請求)や認知の方法などについて詳しくは【認知とは?結婚していない父親から養育費をもらうための手続きを解説】をご確認ください。

4.夫以外の男性の子どもを妊娠した際には多くの決断に迫られます

夫以外の男性の子どもを妊娠した女性には、以下の選択肢が考えられます。

  1. 子どもを「産む」
  2. 子どもを「産まない」

この選択は、子どもを妊娠した女性の決断に委ねられています。

そして、子どもを「産む」場合には、以下の選択肢が考えられます。

❶ このまま夫の子どもとして育てていく

❷ 夫と離婚して自分だけで育てていく

❸ 子どもの本当の父親と再婚して一緒に育てていく

ただ、❶の場合には、妊娠した子どもが夫の子どもじゃないことが夫に発覚した場合には、多くの場合離婚問題に発展していき、妻の意思に関わらず夫と離婚せざるを得ない状況となることも多いです。

その際には、多くの場合、慰謝料の請求もされることでしょう。

さらに、夫が子どもの出生を知ってから1年未満であった場合は、夫から「嫡出否認」の手続きが開始されてしまい、子どもとの法律上の親子関係を否定されてしまう可能性もあります。

また、❷の場合には、子どもの法律上の父親にしっかりと養育費を支払ってもらう必要があるでしょう。

子どもの法律上の父親が離婚した夫である場合には夫に対して養育費を請求し、離婚した夫が子どもの法律上の父親ではない場合には子どもの本当の父親(生物学上の父親)に認知をしてもらった上でしっかりと養育費を支払ってもらいましょう。

さらに、❸の場合には、再婚相手の子どもを妊娠するタイミングに注意しなければ、再婚相手との間の子どもの父親が離婚した前婚の夫になってしまう可能性があります。

様々な苦悩を乗り越え、ようやく離婚したかった夫から解放され、大好きなパートナーと再婚に至ったとしても、いつまで経っても離婚した夫の顔がチラつくこととなり、その都度嫌な気分となり、とてもストレスだという場合もよくある話です。

そうなってしまった場合には、上述した通り、前婚の夫と子どもとの間の親子関係を否定するために離婚した前婚の夫に速やかに主体的に動いてもらわなければならないことになります。

夫以外の男性の子どもを妊娠した場合には、次の人生の安定に向けてこの難問を解消していかなければなりません。

しかも、中絶にも「嫡出否認」の手続きにも期間制限がありますので、時間が経過すると選択肢が消えていってしまいます

一人で悩む必要はありません。

レイスター法律事務所では、あなたの希望に応じて、どのような選択肢が存在しているのか、どのような法律上の権利が認められておりそれを実現するためにはどのような手続きを行う必要があるのかなどについて無料法律相談にて具体的なアドバイスをしています。

執筆者との無料法律相談のご予約は、こちらからお気軽にご連絡ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

 執筆者との無料法律相談 

レイスター法律事務所 弁護士山﨑慶寛

レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

人気記事

離婚の際に抑えるべきポイント

離婚する意思が固まっていたとしても、相手が離婚に合意しない場合には、どのように相手に離婚に…

夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説

司法統計によると、離婚したい理由は何十年も前から「性格の不一致」(性格が合わない)が最多…

有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法

男女は、知り合い、交際し、婚約して、結婚します。そして、結婚とは、世の中に無数に存在する…

短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方

別居中の配偶者と離婚したい場合、相手が離婚に合意するのであればいつでも離婚(協議離婚)が成…

面会交流は拒否できる?拒否が認められる事情と拒否した場合のリスク

夫婦は様々な理由で別居に至ります。夫との性格の不一致や価値観の違いに限界を感じて離婚を決…

離婚に伴う財産分与における住宅ローンが残っている不動産の取り扱い

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に公平に分け合う制度を…

価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
離婚せず別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
退職金が離婚時の財産分与の対象となる場合とならない場合を解説

弁護士に無料相談!

離婚・不倫慰謝料請求・男女トラブルに関するご相談はレイスター法律事務所へ。

弁護士が60分無料で問題解決に向けた実践的なアドバイスをいたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5708-5846 相談予約フォーム

モラハラ離婚の基礎知識

モラハラとは?モラハラ夫(妻)の特徴や具体的な言動と対処法
モラハラ夫(妻)と離婚したい!モラハラ離婚の進め方の流れを解説
モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件の全体像を順に解説
モラハラ離婚の慰謝料の相場と慰謝料獲得を失敗しないための方法・必要な証拠

DV離婚の基礎知識

DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項
【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません
DV離婚の慰謝料相場と慰謝料が裁判で認められるための証拠
保護命令とは?保護命令の種類や保護命令の流れを弁護士が解説

不倫慰謝料の相場

  1. 【不倫慰謝料の相場】裁判で最も高額の不倫慰謝料が認められ得るパターン
  2. 【不倫慰謝料の相場】不倫が原因で離婚した場合に裁判所が認めている金額
  3. 【不倫慰謝料の相場】夫婦が同居を続けた場合に裁判所が認めている金額

婚姻費用

【婚姻費用】相手が無職・低収入の場合は潜在的稼働能力を主張しよう

婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な費用(生活費、居住費、食費、医療費、学費など)のことをいいます(民法760条)。相手より…

財産分与

隠し財産を見つけ出して財産分与で損をしない方法(預貯金編)

離婚の話し合いでは、子どもに関する事項(親権者・面会交流の条件)やお金に関する事項(財産分与・慰謝料・養育費・年金分割・婚姻費用)など様々な…

離婚全般

略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説

略奪婚とは、恋人や配偶者がいる異性と恋愛関係となった上、恋人や配偶者から奪い取って結婚することをいいます。略奪婚が倫理的・道徳的に許されるも…

離婚全般

パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説

パパ活とは、一般に、女性が男性と一緒の時間を過ごし、その対価を得る活動のことを言います。近年、「パパ活」という言葉が急速に社会に浸透し、パパ活…

養育費

養育費を増額して教育費(私立学校や大学の学費等)を受け取る方法

多くの夫婦は、離婚する際に、離婚後の子どもの親権者の取り決めに付随して、養育費の金額を取り決めます。養育費の具体的な金額については、裁判所は、…

不倫慰謝料

夫以外の男性と恋愛することの5つのリスク

探偵社などが実施しているアンケートの結果を分析すると、浮気・不倫をしたことがある人の割合が2割を下回っている結果は見られず、3割を超えている例…

離婚全般に関する記事一覧

  1. 婚約破棄の慰謝料請求の可否や相場金額・証拠について解説
  2. 離婚届を離婚に同意しない相手に無断で提出することはあり?なし?
  3. 協議離婚とは?協議離婚の成立要件や離婚協議書の重要性を弁護士が解説
  4. 内縁(事実婚)の場合の婚姻費用請求・慰謝料・財産分与などを解説
  5. 内縁(事実婚)とは?法律婚との違いや内縁の保護を受けるための証拠を解説
  6. 嫁姑問題を理由に離婚するには?離婚の進め方やポイントを弁護士が解説
  7. 【偽装離婚】夫婦生活を続けながら離婚のメリットだけ受けることはあり?なし?
  8. 短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方
  9. 離婚したいけれどお金がない!専業主婦の離婚で生活費はどうなる?
  10. セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
  11. うつ病の夫(妻)と離婚した方がいい場合と離婚したい場合の進め方
  12. 夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説
  13. 有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法
  14. 騙されて結婚してしまった!相手選びに失敗した結婚から解放される方法
  15. 離婚の取り消しや無効を役所に認めさせて戸籍を離婚前に戻す方法
  16. 配偶者に浮気・不倫をやめさせたい!離婚しないために必要なこと
  17. 離婚後に浮気・不倫が発覚した場合に慰謝料請求を実現する方法
  18. 離婚しないで別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
  19. 自己破産が離婚条件(財産分与・養育費・慰謝料など)に与える影響を解説
  20. スピード離婚とは?スピード離婚を選択する理由や離婚の進め方を解説
  21. カサンドラ症候群やアスペルガー症候群を理由とする離婚問題を解説
  22. 死後離婚とは?死別した配偶者の親族との関係を断ち切る方法を解説
  23. ワンオペ育児とは?育児に協力しない夫との離婚や慰謝料・親権について解説
  24. 配偶者がいる人との内縁関係(重婚的内縁)の保護や慰謝料・認知などを解説
  25. 子どもへの虐待の具体例や虐待を理由とする離婚・慰謝料及び面会交流を解説
  26. 夫以外の子(不倫相手や再婚予定の男性の子)を妊娠した時の選択肢
  27. 女性に再婚禁止期間があるのはなぜ?待婚期間なしの例外や手続きも解説
  28. 妻が産んだ子が自分の子じゃなかった場合に親子関係を否定する方法
  29. 認知とは?結婚していない父親から養育費をもらうための手続きを解説
  30. 妊娠中に離婚したい場合の重要事項(親権・戸籍・養育費など)を解説
  31. ママ活やホストクラブや女性用風俗は不倫?離婚や慰謝料について解説
  32. 価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
  33. パパ活で男性が負う犯罪被害や慰謝料・離婚問題などのリスクを解説
  34. パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説
  35. 共依存夫婦の特徴・原因・危険性と共依存から抜け出すために必要なこと
  36. 略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説
  37. 悪意の遺棄で離婚や慰謝料請求する際に裁判所が重視するポイントを解説
  38. 悪意の遺棄を理由とする離婚・慰謝料請求の流れと必要な証拠を解説
  39. 【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
  40. 産後クライシスの原因・乗り越え方と離婚を決意した場合に考えるべきこと
  41. マザコン夫と離婚したい!マザコン夫の特徴とマザコンが理由の離婚の可否
  42. 婚前契約書を作成するメリットや具体的内容・要件・法律上の効果を解説
  43. 夫(妻)の浪費・借金問題で離婚を決意した際に知っておくべき事項
  44. 配偶者が同性と不倫していた場合の離婚問題・慰謝料請求について解説します
  45. 熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
  46. 離婚裁判で激しい争いとなりやすい典型的な5つのケースを解説します
  47. いきなり離婚裁判の提起は可能?調停前置主義の内容・例外・注意点を解説
  48. 離婚裁判は離婚達成のための最終手段!手続きの流れや期間・要件などを解説
  49. 離婚調停で離婚を有利に!離婚調停を早期に申し立てた方が良いケース
  50. 離婚調停とは?申立てから終了までの流れや平均的な期間・手続の特徴を解説
  51. 家庭内別居とは?離婚の可否・離婚条件・不貞かどうかの結論が変わる大問題
  52. 離婚後に苗字を変えない方法と結婚前の苗字(旧姓)に戻す方法を解説
  53. 【離婚届】離婚届の「証人」欄について知っておきたい事項
  54. 夫がアルコール依存症の場合に家族が考えるべき重要な事項
  55. 夫の風俗通いが発覚!離婚・慰謝料請求は認められる?

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由