慰謝料を請求されたときの流れ

1.まずは無料法律相談をご利用ください

弁護士法人レイスター法律事務所では、浮気・不倫を理由とする慰謝料請求に関して、初回の法律相談を60分無料で実施しています。

無料相談では、ご事情やご希望をお聞きした上で、

  1. あなたには法律上不倫慰謝料を支払う義務があるかどうか
  2. 解決のための最善の方法は何か
  3. 今この瞬間から具体的にどのような行動をしていくべきか
  4. 特に意識的に注意するべきことは何か
  5. 相手との交渉を開始した場合に想定される争点とその法律上の見通し
  6. 解決までの目安期間

などについて、実践的なアドバイスをしています。

それに併せて、想定される不倫慰謝料の具体的な金額について、類似案件に関する判例・裁判例や交渉での解決結果に基づいて、交渉にて解決した場合と裁判に至った場合とに分けて、できる限り具体的にお伝えしています。

その上で、弁護士法人レイスター法律事務所への依頼をご検討される場合には、弁護士費用やご契約の手続きについてご説明をします。

そして、ご依頼をご希望の場合には、ご契約の手続きを行った上、不倫慰謝料の請求に着手することとなります(事案によっては即日ご契約・翌営業日に早速着手も可能)。

無料法律相談をご希望の際は、ご予約お申込みフォームよりお問い合わせください。

2.ご依頼後の流れ

⑴ 相手と交渉する

お聞かせいただいたご事情やご希望を踏まえて、可能な限り不倫慰謝料のご負担を低減させるべく、類似案件に関する判例・裁判例や交渉での解決結果に関する知識やノウハウを踏まえ、相手との交渉を進めます。

また、相手に対して、ご依頼者本人やご依頼者の親族・勤務先への連絡・接触は厳禁である旨を強く要請し、不要なトラブルを未然に防止します。

弁護士法人レイスター法律事務所は、不当な請求は断固として拒否し、ご依頼者の人生に与える代償を最小限度にとどめるため、全力で交渉にあたります。

⑵ 合意書を作成する

相手との間で合意が成立した場合には、それを合意書の形式にまとめた上、相手との間で署名・押印を取り交わします。

合意書の作成に際しても、少しでも有利となるよう工夫を凝らします。

⑶ 損害賠償請求訴訟の対応

相手との交渉が決裂したり、相手の要求水準にて合意をするメリットが乏しい(それよりも訴訟にて徹底抗戦をした方が最終的なご負担が少なくて済むことが見込まれる)場合には、ご依頼者のご希望を踏まえた上で、相手との合意を成立させることなく、相手が提起した損害賠償請求訴訟に対応していきます。

損害賠償請求訴訟では、可能な限り不倫慰謝料のご負担を低減させるべく、考え得る最善の手段を講じ、徹底的に戦います。

関連記事

早期に弁護士に相談した方が良いケース

不倫慰謝料請求を受けた場合は、法律上負うべき責任の範囲を明確に把握し、あなたの人生に与える代償を最小限度にとどめるためにも、まずは出来…

     

この記事の執筆者

弁護士法人レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由