隠し財産を見つけ出して財産分与で損をしない方法(預貯金編)

相手の隠し財産を見逃さずに請求しよう!

 財産分与の話し合いの際に、相手が財産隠しをしてくる場合があります。
 特に預貯金は財産隠しが行われやすい資産です。
 相手に財産を隠された場合、その隠さた相手の財産を見つけ出さないと、その分財産分与で取得できる金額が減少したり、本来支払わなくても良いはずの高額の分預金を支払わなければならなくなってしまいます。
 この記事では、預貯金の財産隠しを見逃さないために、どのような事情・兆候があれば財産隠しを疑うべきか、及び、隠し財産を見つけ出すためにはどのような方法があるのかを解説します。

1.財産隠しを見逃してしまうと財産分与で損をする

離婚の話し合いでは、子どもに関する事項(親権者・面会交流の条件)やお金に関する事項(財産分与・慰謝料・養育費・年金分割・婚姻費用)など様々な事項を決めていかなければなりません。

そのような離婚の話し合いが長引くパターンの1つに、財産分与で揉めるパターンがあります。

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に分け合う制度をいいます。

財産分与のやり方は概ね決まっており、通常、以下の流れで進められます。

財産分与の話し合いの流れ

財産分与の基準時(いつの時点の財産を分け合うのか)の確定

財産分与の基準時は「別居日又は離婚時のいずれか早い方」となります。

財産分与の対象となる夫婦共有財産の確定

財産分与の基準時における夫婦それぞれの名義財産の総額を資料に基づいて明らかにする
→夫婦が結婚した後に取得した財産であれば、それが夫婦のいずれの名義財産となっているかを問わず、原則として夫婦共有財産と扱われることとなり、財産分与の対象となります。

財産分与の基準時における夫婦それぞれの名義財産から夫婦ぞれぞれの「特有財産」を差し引く
→特有財産は財産分与の対象となりませんので、の財産の中から差し引く必要があります。なお、特有財産であるかどうかが不明の財産は、夫婦共有財産であることとされて、財産分与の対象のなることになります。

夫婦共有財産を2分の1となるように夫婦で分け合う

この財産分与の話し合いにおいて、夫婦の双方が誠実に資料を提出し合って財産分与の計算をするのであれば、揉めることにはなりません。

ただ、実際には、どうにか財産分与の金額を減らしたいと考えて、本来であれば提出するべき財産資料を出し渋ったり、財産隠しをしようとしたりすることが行われる場合もあります

財産隠しが行われた場合、隠された財産を見つけ出さないと、隠された財産の分与を受けることができず、財産分与で支払ってもらえる金額が減少したり、本来であれば支払う必要がない高額の分与金を支払わなければならなくなったりしてしまいます。

そのため、相手が財産隠しをしていると疑われる場合には、どうにか相手が隠された財産を見つけ出さなければなりません。

なお、財産分与全般に関して知っておくべき重要な事項は以下の記事で説明していますので、併せてご確認ください。

関連記事

離婚に関するお金の知識-財産分与

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に分け合う制度をいいます。夫婦のいずれの名義の財産であっても、それが…

2.預貯金の財産隠しを見逃さない!

⑴預貯金の財産分与の方法

預貯金の財産分与の方法は、基準時(別居時又は離婚時のいずれか早い時点)における夫婦それぞれの名義の預貯金の残高を2分の1ずつ分けるという方法が基本です。

具体例で説明

  1. 事例:夫名義の預貯金の基準時における残高が600万円、妻名義の預貯金の基準時における残高が200万円であった場合

夫から妻に対して600万円の2分の1である300万円を支払うべき状況である
妻から夫に対して200万円の2分の1である100万円を支払うべき状況である

を併せて考えて、結局、夫から妻に対して財産分与として200万円を支払うこととなる

⑵財産隠しを見逃すと分与してもらえる金額が減ってしまう

夫も妻も自身名義の預貯金の基準時の金額が分かる資料(通帳の写しや取引履歴)を誠実に出し合えば、あとは計算をするだけで夫と妻のいずれがいずれに対していくら分与するべきなのかは明らかになります。

しかし、離婚を決意した者が、将来の離婚・財産分与に備えて、財産分与の支払金額をできるだけ低く済まそうと準備している場合があります

例えば、同居中から秘密裏に作成した隠し口座に預貯金を徐々に移していたり、別居前に預貯金を引き出すことで基準時の預貯金の残高を調整したりした上で、財産分与の話し合いの際には相手に知られている口座の基準時の残高が載っている資料のみを提出して、それで財産分与の話し合いを切り抜けようとしてきたりします。

そのような場合に、相手の財産隠しを見逃してしまい、そのまま相手が提出した資料だけに基づいて財産分与の金額を計算してしまうと、結局、隠された財産は分与してもらえないこととなってしまいます

⑶財産隠しを疑うべき場合

預貯金の財産資料としては、通常、通帳の写し又は取引履歴を提出して基準時における預貯金の残高を確認することになります。

その際、やましいことがないのであれば、ただ誠実に通帳の写し又は取引履歴を提出すれば良いだけです。

それなのに、相手があえて基準時ピンポイントの残高しか記載されていない残高証明書(特定の日付における預貯金残高のみが記載してある資料)をわざわざ取得して提出をしてきた場合には、相手には同居中の預貯金の移動を隠したいとの動機がある可能性(財産隠しをしている可能性)があります。

また、相手が提出してきた通帳の写しが黒塗り・マスキング加工されていたり、基準時の残高が同居中の収入や生活状況から考えて不自然に低額であったりする場合も、相手が財産隠しをしている可能性があります。

このように、以下の場合は、相手の財産隠しを疑う必要があります。

  1. 相手がわざわざ残高証明書を提出してきた場合
  2. 相手の預貯金の基準時の残高が不自然に低額である場合
  3. 相手の預貯金の基準時の残高が不自然にキリの良い数字である場合
  4. 相手が提出した資料に黒塗り・マスキング加工が施されている場合
  5. 相手が「他の口座は使っていない」などといった理由でそもそも資料を提出しない場合

3.相手の財産隠しが疑われる場合に行うべき行動

⑴相手に対して過去分の通帳の写しや取引履歴の提出を求める

相手の財産隠しが疑われる場合は、相手に対して、過去の履歴が分かる資料(通帳の過去分の写しや取引履歴、黒塗り・マスキング加工が施されていない資料)の提出を求めましょう

その際、財産隠しは将来の離婚・財産分与に備えて開始されるパターンが多いので、基準時の数か月〜1年程度の期間(可能であれば相手が離婚を意識し始めたと思われる時期から別居開始までの期間)の通帳の写し又は取引履歴の提出を求めることをお勧めします。

そして、過去分の通帳の写しや取引履歴の提出があれば、それを丁寧に分析して、隠し財産をあぶり出します。

例えば、取引履歴に「振替」と記載されている箇所や「振込」と記載されている箇所があれば、「振替」先の口座や「振込」先の口座に資産が移動されていることになります。

また、仮に相手が別居直前に不自然な出金を行っていることが判明した場合(例えば離婚を切り出されてから別居に至るまでの期間に従前見られなかったような出金が行われていた場合)には、相手が当該出金の理由を合理的に説明しない限り、その出金額も財産分与の対象としたり、財産分与の割合に関する「2分の1ルール」を有利に変更することができたりする可能性があります。

他方、相手が資料の提出を過剰に拒否してくる場合は、ますます財産隠しが行われている可能性が高まります。

⑵相手に給与口座・賞与口座を聞く

給与の入金先を複数に分けて片方を隠し口座に設定している場合や、賞与を隠し口座への入金としている場合があります。

例えば、毎月の給与の振込金額が40万円であるはずなのに通帳を見ると毎月の給与の振込金額が30万円しかない場合は、残りの10万円は別の給与口座への入金となっているということでしょう。

そのため、相手に対して、給与口座・賞与口座及び給与・賞与の振込金額を資料で示してもらいましょう

その際に相手の給与明細の提出を求めることもお勧めします。

相手の給与明細を見れば給与振込先口座が判明するのみならず、他にも資産の積み立てのための口座などの資産を所有していることなどが判明する場合もあります。

仮に相手がその対応を拒否する場合には、相手にはあなたに隠している給与・賞与口座などの隠し口座を持っている可能性が高まります。

⑶相手に日常的な支払いの引落先口座を聞く

相手が提出した財産資料の中に本来されているはずの引き落としの記載が存在していなかった場合は、別の隠し口座からの引き落としになっているということです。

例えば、以下のような引き落としを確認する必要があります。

  1. 相手が使用しているクレジットカードの引き落とし
  2. 住宅ローンの引き落とし
  3. 家賃や管理費の引き落とし
  4. 駐車場代の引き落とし
  5. カーローンの引き落とし
  6. 水道光熱費の引き落とし
  7. インターネット代の引き落とし
  8. 携帯電話代の引き落とし
  9. 相手名義の保険料の引き落とし

そのため、相手にこれらの引落先口座及び引落金額を資料で示してもらいましょう

⑷有価証券取引などの資産形成のための口座を聞く

相手が有価証券取引や株式の取引をしている場合には、その取引履歴の提出を求めることも必要です。

そこから相手の隠し口座にたどり着ける場合もあります。

4.相手がどうしても資料を提出しない場合

⑴離婚調停や弁護士との相談を利用する

相手が財産分与のための資料の提出に不誠実な場合は、相手に対して、資料の提出がなければ財産分与に合意できないと明確に意思表示をして、相手に提出を要請しましょう。

相手がどうしても提出しない場合には、離婚調停を利用したり、弁護士との無料相談を利用したりして今後の対応を検討することをお勧めします。

離婚調停では、相手が資料を提出していない隠し口座が存在している可能性が高い状況であって、その資料の提出がなければ話し合いがまとまらないという状況であれば、調停委員会から相手に対して資料の提出を強く促してくれるでしょう。

また、離婚問題に強い弁護士であれば、手持ちの証拠や現在置かれている状況に鑑み、財産分与で損をしないために今後どのように話し合いを進めていくべきか、相手の隠し財産を炙り出すために現実的にどのような方法を取り得るのかなどといった事項について具体的なアドバイスをしてくれるはずです。

財産分与に関してお悩みの際は、是非、レイスター法律事務所の無料法律相談をご利用ください。

⑵調査嘱託を利用する

調査嘱託とは、簡単にいうと、裁判所が相手名義の預貯金口座の取引履歴などの必要な資料を取得してくれる制度です。

「調査嘱託」については、改めて別の機会で解説します。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

 執筆者との無料法律相談 

レイスター法律事務所 弁護士山﨑慶寛

レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

人気記事

離婚の際に抑えるべきポイント

離婚する意思が固まっていたとしても、相手が離婚に合意しない場合には、どのように相手に離婚に…

夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説

司法統計によると、離婚したい理由は何十年も前から「性格の不一致」(性格が合わない)が最多…

有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法

男女は、知り合い、交際し、婚約して、結婚します。そして、結婚とは、世の中に無数に存在する…

短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方

別居中の配偶者と離婚したい場合、相手が離婚に合意するのであればいつでも離婚(協議離婚)が成…

面会交流は拒否できる?拒否が認められる事情と拒否した場合のリスク

夫婦は様々な理由で別居に至ります。夫との性格の不一致や価値観の違いに限界を感じて離婚を決…

離婚に伴う財産分与における住宅ローンが残っている不動産の取り扱い

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に公平に分け合う制度を…

価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
離婚せず別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
退職金が離婚時の財産分与の対象となる場合とならない場合を解説

弁護士に無料相談!

離婚・不倫慰謝料請求・男女トラブルに関するご相談はレイスター法律事務所へ。

弁護士が60分無料で問題解決に向けた実践的なアドバイスをいたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5708-5846 相談予約フォーム

モラハラ離婚の基礎知識

モラハラとは?モラハラ夫(妻)の特徴や具体的な言動と対処法
モラハラ夫(妻)と離婚したい!モラハラ離婚の進め方の流れを解説
モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件の全体像を順に解説
モラハラ離婚の慰謝料の相場と慰謝料獲得を失敗しないための方法・必要な証拠

DV離婚の基礎知識

DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項
【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません
DV離婚の慰謝料相場と慰謝料が裁判で認められるための証拠
保護命令とは?保護命令の種類や保護命令の流れを弁護士が解説

不倫慰謝料の相場

  1. 【不倫慰謝料の相場】裁判で最も高額の不倫慰謝料が認められ得るパターン
  2. 【不倫慰謝料の相場】不倫が原因で離婚した場合に裁判所が認めている金額
  3. 【不倫慰謝料の相場】夫婦が同居を続けた場合に裁判所が認めている金額

婚姻費用

【婚姻費用】相手が無職・低収入の場合は潜在的稼働能力を主張しよう

婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な費用(生活費、居住費、食費、医療費、学費など)のことをいいます(民法760条)。相手より…

財産分与

隠し財産を見つけ出して財産分与で損をしない方法(預貯金編)

離婚の話し合いでは、子どもに関する事項(親権者・面会交流の条件)やお金に関する事項(財産分与・慰謝料・養育費・年金分割・婚姻費用)など様々な…

離婚全般

略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説

略奪婚とは、恋人や配偶者がいる異性と恋愛関係となった上、恋人や配偶者から奪い取って結婚することをいいます。略奪婚が倫理的・道徳的に許されるも…

離婚全般

パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説

パパ活とは、一般に、女性が男性と一緒の時間を過ごし、その対価を得る活動のことを言います。近年、「パパ活」という言葉が急速に社会に浸透し、パパ活…

養育費

養育費を増額して教育費(私立学校や大学の学費等)を受け取る方法

多くの夫婦は、離婚する際に、離婚後の子どもの親権者の取り決めに付随して、養育費の金額を取り決めます。養育費の具体的な金額については、裁判所は、…

不倫慰謝料

夫以外の男性と恋愛することの5つのリスク

探偵社などが実施しているアンケートの結果を分析すると、浮気・不倫をしたことがある人の割合が2割を下回っている結果は見られず、3割を超えている例…

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由