婚姻費用算定表で納得していいの?計算方法(標準算定方式)を解説

婚姻費用算定表に書いてない!どうすれば

 婚姻費用は別居中の生活費であり、生活を維持していく上で極めて重要な費用ですので、別居をしたら婚姻費用分担請求を忘れずに。
 家庭裁判実務上、婚姻費用の金額は、婚姻費用算定表を用いて計算されています。
 ただし、婚姻費用算定表には、義務者が子どもと生活をしているパターンや、給与を得つつ自営での稼ぎもあるパターンや、収入が2000万円を超えているパターンが記載されていません。
 その場合は、婚姻費用算定表の考え方(標準算定方式)にまで遡って計算をする必要があります。

1.婚姻費用算定表だけでは分からない場合がある

婚姻費用の支払いがあるとないとでは、別居中の生活状況や、離婚の話し合いの状況はかなり変わってきます。

婚姻費用が請求できる場合は請求をしておいた方が離婚の話し合いも有利となる場合が多いので、別居をしたらお早めに婚姻費用分担請求をしていくことをお勧めします。

婚姻費用を具体的にいくら請求できるのかは、婚姻費用算定表を見ればおおよそ検討がつきます。

※引用 裁判所:統計・資料:公表資料:平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

ただ、ここで問題となってくるのは、婚姻費用算定表はあくまでオーソドックスなパターンしか記載されていないという点です。

具体的には、婚姻費用算定表に記載されているのは、以下のパターンのみです。

  1. 婚姻費用算定表に記載されているパターン
子ども・0人〜3人の場合
・権利者と同居しているのみ
年収・給与所得0円〜2000万円の場合
・事業所得0円〜1567万円の場合

そして、それ以外のパターンは婚姻費用算定表に記載されていませんので、婚姻費用算定表を確認するだけでは婚姻費用の金額は分かりません。

例えば、婚姻費用の支払義務者が子どもと生活をしている場合や、給与所得と事業所得の両方を得ている場合や、収入が2000万円を超えている場合などの場合の婚姻費用の金額は、婚姻費用算定表を見でも分かりません。

その場合は、婚姻費用算定表の考え方(標準算定方式)にまで遡って計算をする必要があります。

2.婚姻費用算定表の考え方(標準算定方式)

婚姻費用算定表は、「標準算定方式」という計算方法に基づいた計算結果を表にまとめたものです。

「標準算定方式」では、婚姻費用の金額を以下のように計算します。

「標準算定方式」の計算方法

計算の前提となる夫婦の収入を確定
基礎収入金額の合計を算定
子どもとの同居の状況に応じて必要となる生活費指数を確定
妻と夫のそれぞれに必要となる生活費の具体的金額を計算
必要となる生活費に不足している金額を計算 ⬅︎これが婚姻費用の年額

① 計算の前提となる夫婦の収入を確定

婚姻費用の金額は夫婦の現実の収入金額に基づいて計算されるのが原則です。

ただし、現実の収入金額を前提として計算すると不当になる場合もあります。

その場合は、婚姻費用の金額を、現実の収入金額を前提とするのではなく、その気になれば稼げるであろう水準の収入(潜在的稼働能力)に基づいて計算をすることとなる場合もあります。

この潜在的稼働能力は、特に、義務者が無収入・低収入になった場合や、権利者が別居後も無収入である場合に問題となります。

潜在的稼働能力については【【婚姻費用】相手が無職・低収入の場合は潜在的稼働能力を主張しよう】で詳しく解説していますので、ご確認ください。

② 基礎収入金額の合計を算定

収入金額の全額を生活費として使用することはできません。

実際に生活費として使用できるのは、収入金額から税金などの様々な費用を差し引いた残りの金額です。

この実際に生活費として使用できるであろう金額のことを、基礎収入金額と呼びます。

標準算定方式では、基礎収入金額を、収入金額に一定の割合(基礎収入割合)を掛け算することで計算しています。

標準算定方式が計算で用いている基礎収入割合は、以下の通りです。

基礎収入割合

給与所得者の場合

婚姻費用の標準算定方式における基礎収入割合・給与所得

自営業者の場合

婚姻費用の標準算定方式における基礎収入割合・自営業

具体例で説明①

例えば、夫の収入が800万円(自営業者)、妻の収入が300万円(給与所得者)の場合は、基礎収入の合計金額は、以下のようになります。

  1. 夫の基礎収入金額
    800万円×52%=416万円
  2. 妻の基礎収入金額
    300万円×42%=126万円
  3. 基礎収入金額の合計
    542万円
  4. 結論
    この夫婦の場合、実際に生活費として使用できるであろう合計金額は542万円。

③ 子どもとの同居状況に応じて必要となる生活費指数を確定

子どもとの同居状況に応じて、妻と夫の各々が実際に必要としている生活費の指数を確定します。

例えば、妻は子ども2人(5歳と16歳)と生活をしており、夫は一人暮らしをしていたとした場合、妻は自身の生活費に加えて子ども2人の生活費も負担しなければなりません。

つまり、この場合、妻と夫のそれぞれに必要となる生活費は、以下のようになります。

妻に必要となる生活費
 大人1人分の生活費
 5歳の子どもの分の生活費
 16歳の子どもの分の生活費

夫に必要となる生活費
 大人1人分の生活費

そして、必要となる生活費の金額は、大人と子どもとで異なります。

また、子どもについても、子どもの年齢によって必要となる生活費の金額は異なります。

標準算定方式は、このことを、生活費指数という数値を用いて計算しています。

具体的には、標準算定方式は、この大人と子どものそれぞれに必要となる生活費について、大人の生活費を「100」だとした場合、14歳以下の子どもの生活費は「62」15歳以上の子どもの生活費は「85」だろうと考えて、生活費指数を割り振っています。

生活費指数

婚姻費用の標準算定方式における生活費指数

具体例で説明②

上記の妻は子ども2人(5歳と16歳)と生活をしており、夫は一人暮らしをしていたとした場合の例で説明します。

  1. 妻に必要となる生活費
    大人1人分「100」
    5歳の子どもの分「62」
    16歳の子どもの分「85」
    ➡︎合計「247」の生活費が必要!
  1. 夫に必要となる生活費
    大人1人分「100」
    ➡︎必要な生活費は「100」のみ
  1. 結論
    この夫婦の場合、妻は「247」、夫は「100」の生活費が必要となる。

④ 妻と夫のそれぞれに必要となる生活費の具体的金額を計算

妻と夫のそれぞれに必要となる生活費の具体的な金額は、②の基礎収入金額(実際に生活費として使用できるであろう金額)の合計を、③の生活費指数(実際に必要としている生活費の指数)で按分計算することで算定できます。

具体例で説明③

  1. 事例
    夫の収入は800万円(自営業者)、妻の収入は300万円(給与所得者)とする。
    妻は子ども2人(5歳と16歳)と生活しており、夫は一人暮らしをしているとする。
  1. ②基礎収入金額の合計
    夫の基礎収入金額は416万円
    妻の基礎収入金額は126万円
    基礎収入金額の合計は542万円
  1. ③生活費指数
    妻は「247」
    夫は「100」
  1. ④按分計算
    542万円を「妻(247):夫(100)」で按分計算する
    妻=385万8040円
    夫=156万1960円
  1. 結論
    つまり、妻には385万8040円の生活費が必要となり、夫には156万1960円の生活費が必要となるということになる。

⑤ 必要となる生活費に不足している金額を計算

必要となる生活費に不足している金額は、④で計算したその者に必要となる生活費から、その者の基礎収入金額(実際に生活費として使用できるであろう金額)を差し引くことで計算できます。

夫婦の一方に不足金額があるということは、夫婦の他方には余剰の金額があるということです。

この不足金額が婚姻費用の年額となりますので、それを月額に引き直すことで毎月請求できる婚姻費用の金額が算定できます。

具体例で説明④

上記の例ですと、妻に必要となる生活費は「385万8040円」でした。

ただ、妻の基礎収入金額(実際に生活費として使用できるであろう金額)は126万円です。

つまり、妻は、必要となる生活費が「259万8040円」(385万8040円−126万円)不足している状況にあるということです。

これを月額に引き直すと、月額21万6503円(259万8040円÷12か月)となります。

そのため、妻は、夫に対して、婚姻費用として月額21万6503円を請求することができます。

3.婚姻費用算定表に記載されていないパターンの計算

婚姻費用算定表に記載されていないパターンも、家庭裁判実務上、婚姻費用算定表の考え方(標準算定方式)に基づいて計算されています。

上記の計算方法で順番に計算をしていけば、以下のような婚姻費用算定表に記載されていないパターンの場合の婚姻費用の適正額の計算も可能です。

  1. 婚姻費用の支払義務者が子どもと生活をしている場合
  2. 給与所得と事業所得の両方を得ている場合
  3. 収入が2000万円を超えている場合

なお、この点については、別の機会に、その際の注意点や、問題となる点、有利に交渉を進めるために知っておくべき事項などについて、改めて解説する予定です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

 執筆者との無料法律相談 

レイスター法律事務所 弁護士山﨑慶寛

レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

人気記事

離婚の際に抑えるべきポイント

離婚する意思が固まっていたとしても、相手が離婚に合意しない場合には、どのように相手に離婚に…

夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説

司法統計によると、離婚したい理由は何十年も前から「性格の不一致」(性格が合わない)が最多…

有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法

男女は、知り合い、交際し、婚約して、結婚します。そして、結婚とは、世の中に無数に存在する…

短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方

別居中の配偶者と離婚したい場合、相手が離婚に合意するのであればいつでも離婚(協議離婚)が成…

面会交流は拒否できる?拒否が認められる事情と拒否した場合のリスク

夫婦は様々な理由で別居に至ります。夫との性格の不一致や価値観の違いに限界を感じて離婚を決…

離婚に伴う財産分与における住宅ローンが残っている不動産の取り扱い

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に公平に分け合う制度を…

価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
離婚せず別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
退職金が離婚時の財産分与の対象となる場合とならない場合を解説

弁護士に無料相談!

離婚・不倫慰謝料請求・男女トラブルに関するご相談はレイスター法律事務所へ。

弁護士が60分無料で問題解決に向けた実践的なアドバイスをいたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5708-5846 相談予約フォーム

モラハラ離婚の基礎知識

モラハラとは?モラハラ夫(妻)の特徴や具体的な言動と対処法
モラハラ夫(妻)と離婚したい!モラハラ離婚の進め方の流れを解説
モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件の全体像を順に解説
モラハラ離婚の慰謝料の相場と慰謝料獲得を失敗しないための方法・必要な証拠

DV離婚の基礎知識

DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項
【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません
DV離婚の慰謝料相場と慰謝料が裁判で認められるための証拠
保護命令とは?保護命令の種類や保護命令の流れを弁護士が解説

不倫慰謝料の相場

  1. 【不倫慰謝料の相場】裁判で最も高額の不倫慰謝料が認められ得るパターン
  2. 【不倫慰謝料の相場】不倫が原因で離婚した場合に裁判所が認めている金額
  3. 【不倫慰謝料の相場】夫婦が同居を続けた場合に裁判所が認めている金額

婚姻費用

【婚姻費用】相手が無職・低収入の場合は潜在的稼働能力を主張しよう

婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な費用(生活費、居住費、食費、医療費、学費など)のことをいいます(民法760条)。相手より…

財産分与

隠し財産を見つけ出して財産分与で損をしない方法(預貯金編)

離婚の話し合いでは、子どもに関する事項(親権者・面会交流の条件)やお金に関する事項(財産分与・慰謝料・養育費・年金分割・婚姻費用)など様々な…

離婚全般

略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説

略奪婚とは、恋人や配偶者がいる異性と恋愛関係となった上、恋人や配偶者から奪い取って結婚することをいいます。略奪婚が倫理的・道徳的に許されるも…

離婚全般

パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説

パパ活とは、一般に、女性が男性と一緒の時間を過ごし、その対価を得る活動のことを言います。近年、「パパ活」という言葉が急速に社会に浸透し、パパ活…

養育費

養育費を増額して教育費(私立学校や大学の学費等)を受け取る方法

多くの夫婦は、離婚する際に、離婚後の子どもの親権者の取り決めに付随して、養育費の金額を取り決めます。養育費の具体的な金額については、裁判所は、…

不倫慰謝料

夫以外の男性と恋愛することの5つのリスク

探偵社などが実施しているアンケートの結果を分析すると、浮気・不倫をしたことがある人の割合が2割を下回っている結果は見られず、3割を超えている例…

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由