DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項

DV夫との離婚を安全に進めるために

 今から離婚を切り出して離婚の話を進めようとしている相手(DV夫)は、自分の妻に暴力を振るえるタイプの人間です。
 そのような相手(DV夫)は、離婚を切り出されたことで逆上して強烈な暴力を振るってくることがあります。
 それを避け、DV夫との間で身の安全を確保しつつ離婚の話を進めるためには、別居や保護命令の申立てなどの方法を検討するべきです。
 また、DV夫に対して慰謝料を請求するためには証拠を確保しておくことが重要です。

1.DVという最悪の行動の特徴

DVは「ドメスティック・バイオレンス(domestic violence)」の頭文字であり、日本語で言うと「家庭内暴力」です。

DVは、本来愛し守るべき存在であるはずの配偶者に対して行われる攻撃です。

DV加害者から逃げ出すことはとても勇気がいることであり、自身が現在置かれている状況(家庭という生活・人生の基盤)からの完全なる離脱を伴うものであって、その先に離婚問題も控えているものであり、その労力は極めて大きいものになります。

他方において、DV加害者は、常に一方的かつ理不尽な暴力を振るってくるものはなく、DVを行った後にコロッと別人のようになり、真摯に反省して見せ、とても優しく接し、強い愛情を感じるような行動をしてくることを繰り返してくるケースが多いです。

家庭内には逃げ場がありませんので、DV加害者がDVを行ったことを反省して優しく接してくれることは、DVの恐怖が強ければ強いほど、逃げ場がなければないほど、その分強い安堵感と期待感を抱かせる要因になります。

家庭内の生活に定期的にこのような安堵の状況があり得るものであるため、DV被害という強い緊張を感じた際に、逃げ出すなどといった現状からの離脱という発想ではなく、安堵の状況をどうにか継続し、作って行こうと考える方向に発想が向かっていくものです。

このように、家庭内という小さな世界の中でDV➡︎過度の優しさ・愛情というサイクルを繰り返し受けているうちに、客観的に見ればDV被害を受けていることが明らかであるにもかかわらず、その自覚がないまま、そのような生活を自身の生活の一部として受け入れて、DV加害者に従順になり、DV加害者が望むことを最優先して行動するように自然と振る舞うようになり、DV加害者から離れられないと思い込むようになってしまうケースも見られます。

その結果、誰にも相談しないままで追い詰められて不眠、頭痛、動悸、下痢、胃痛などの身体症状が現れたり、PTSD(心的外傷ストレス傷害)などの精神疾患を発症してしまったり、命に関わるような大きな暴力・傷害事件の被害に発展してしまったりする例もあります。

DVは、絶対にあってはならないはずの最悪の行動です。

ただ、痛ましいことに、DV被害は後を絶ちません。

令和2年度の配偶者暴力相談支援センターへのDV相談件数は8万0579件、令和2年度のDV相談プラスへのDV相談件数は3万6472件、令和3年度の警察へのDV相談件数は8011件にものぼります。

  1. 参考:内閣府男女共同参画局・配偶者暴力相談支援センターにおける相談件数等(令和2年度分)
  1. 参考:警視庁・配偶者からの暴力事案の概況

このようなDVを行う配偶者との離婚を決意した時、離婚の話をどのように進めればよいでしょうか。

2.DV夫に対して離婚を切り出す前に検討するべき事項

⑴離婚を切り出す前に別居して身の安全を確保しよう

世の中には配偶者に暴力を振るえるタイプの人間と、そうではない人間がいます。

そして、あなたが離婚を切り出そうとしている人間は、配偶者に暴力を振るえるタイプの人間です。

そのような人間を相手に離婚を切り出すことは、とてもリスクのある行動です。

離婚を切り出された相手が逆上して強烈な暴力の被害を受けてしまうことがあります。

そのため、離婚の進め方としては、身の安全を確保するべく、離婚を切り出す前に別居を先行させるべきでしょう。

別居することが経済的に難しい場合には、別居と同時に婚姻費用を請求することでカバーできる場合もありますので、その方向性を検討することも有用です。

なお、離婚紛争における別居することの一般的なメリットについては、【別居して離婚を考えている】にて詳しく説明していますので、併せてご確認ください。

別居の準備を進めることが難しい場合

相手に悟られないように別居の準備を進めることが難しい場合もあるでしょう。

そのような場合には、十分な準備ができないままで別居を強行するしか方法はないのでしょうか。

別居先の新居の準備などができていない場合は、取り急ぎ保護施設(シェルター)に入るという方法もあります。

ただ、そのような場合には、保護命令(退去命令)の制度を利用するという方法も検討できます。

この制度を利用することにより、むしろ相手の方に一時的に自宅から退去してもらって、その間に別居の準備を終わらせることが可能となります。

⑵保護命令の制度の利用を検討しよう

配偶者に別居先が知られていなければまだ安全かもしれません。

ただ、DV夫が妻に別居されたとの事態を受けておとなしく別居状況を受け入れるケースもありますが、妻の別居先を探し始めるケースもよくあります。

特に、DV夫があなたに固執するタイプの人間であったり、独善的な正義を掲げて行動をするタイプの人間であったりする場合は、あなたの別居先の住所を探している可能性は否定できません

その可能性が払拭できない場合は、身を守るために、保護命令の制度を利用するべきです。

保護命令が出されると、相手方(加害者)は、以下の行動ができなくなります。

  1. あなたに接近する(接近禁止)
  2. 子どもに接近する(子への接近禁止)
  3. 親族・近しい友人等に接近する(親族等への接近禁止)
  4. 電話やメールなどの一定の行動(電話等禁止)

DV加害者が警察からの指導・監視にも関わらず相手方(加害者)が保護命令に違反する行動をした場合には、相手方(加害者)は逮捕されて刑事罰(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)の制裁を受けることとなります(DV防止法29条)。

なお、令和3年中における保護命令違反で検挙された件数は0件であり、保護命令はDV加害者からの被害を防止するために実際に十分機能している制度です。

  1. 参考:警視庁・配偶者からの暴力事案の概況

保護命令の概要・種類・効果・手続の流れなどや、保護命令の申立て要件などについて詳しくは、以下の記事をご確認ください。

関連記事

保護命令とは?DV夫から自分と子どもを守る制度を解説します

配偶者暴力防止法(DV防止法)は保護命令という制度を定めています。保護命令とは、DV夫による暴力から被害者である配偶者を守るために…

関連記事

保護命令の申立ての要件と保護命令の離婚問題への影響

保護命令が出されると、相手方(加害者)は、以下の行動ができなくなります。・あなたに接近する(接近禁止)・子どもに接近する(子への接近禁…

⑶証拠を確保しておこう

DV夫の特徴として、妻に暴力を振るいはするものの、妻のことが憎かったり、嫌いだったりするわけではないこともよくあることです。

中には、妻に誠実に謝れば解決すると勘違いしているDV夫もいます。

また、DV夫にはDV夫の独自の正義や正しさがある場合もあり、話し合いが噛み合わなかったりします。

そのため、DVを理由とする離婚は、DV夫が離婚に合意せずに、離婚の話し合いが難航するケースが多いです。

DV夫が離婚に合意しなければ、離婚の話し合いや離婚調停で離婚は成立せず、離婚裁判に至ることとなります。

また、DVを理由に慰謝料を請求することができる場合も多いのですが、相手がどうしても慰謝料の支払いに合意しない場合は、離婚裁判で慰謝料請求を認めてもらう必要が生じます。

そして、裁判所に離婚や慰謝料の判断をしてもらう場合に重要になってくることは、DVの事実を証明するための証拠です。

別居した後に証拠を確保することは難しい場合も多いため、可能であれば別居前に確保できる証拠は確保しておくことが良いでしょう。

なお、離婚裁判で裁判所に離婚判決を出してもらうためには、法律に定められている離婚原因(法定離婚原因)が存在していることが必要です。

そして、DVそれ自体は法定離婚原因に明記はされていませんが、「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条5号)という離婚原因の存在を基礎付ける要素の一つとなります。

⑷弁護士に依頼することを検討しよう

DV夫と別居していたとしても、DV夫との間で離婚の話し合いを進めていくことは精神的にとても辛いことです。

このような相手との離婚問題に関しては、特に弁護士に依頼するメリットが大きいと言えます。

依頼を受けた弁護士は、まずはあなたの日常生活の平穏を確保するために、DV夫に対して、あなたの自宅・実家・職場への連絡・来訪を固く拒否する旨を通告し、今後の連絡は全て弁護士に対してするよう強く要請します。

また、弁護士に依頼をすれば、今後一切DV夫と会うことなく離婚を成立させることも可能です。

DV夫との離婚は、DV夫に対して離婚を切り出す前に、別居を先行させた上で、弁護士に依頼をして全ての連絡・交渉を弁護士にしてもらう形がベストでしょう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

 執筆者との無料法律相談 

レイスター法律事務所 弁護士山﨑慶寛

レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

人気記事

離婚の際に抑えるべきポイント

離婚する意思が固まっていたとしても、相手が離婚に合意しない場合には、どのように相手に離婚に…

夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説

司法統計によると、離婚したい理由は何十年も前から「性格の不一致」(性格が合わない)が最多…

有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法

男女は、知り合い、交際し、婚約して、結婚します。そして、結婚とは、世の中に無数に存在する…

短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方

別居中の配偶者と離婚したい場合、相手が離婚に合意するのであればいつでも離婚(協議離婚)が成…

面会交流は拒否できる?拒否が認められる事情と拒否した場合のリスク

夫婦は様々な理由で別居に至ります。夫との性格の不一致や価値観の違いに限界を感じて離婚を決…

離婚に伴う財産分与における住宅ローンが残っている不動産の取り扱い

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に公平に分け合う制度を…

価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
離婚せず別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
退職金が離婚時の財産分与の対象となる場合とならない場合を解説

弁護士に無料相談!

離婚・不倫慰謝料請求・男女トラブルに関するご相談はレイスター法律事務所へ。

弁護士が60分無料で問題解決に向けた実践的なアドバイスをいたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5708-5846 相談予約フォーム

モラハラ離婚の基礎知識

モラハラとは?モラハラ夫(妻)の特徴や具体的な言動と対処法
モラハラ夫(妻)と離婚したい!モラハラ離婚の進め方の流れを解説
モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件の全体像を順に解説
モラハラ離婚の慰謝料の相場と慰謝料獲得を失敗しないための方法・必要な証拠

DV離婚の基礎知識

DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項
【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません
DV離婚の慰謝料相場と慰謝料が裁判で認められるための証拠
保護命令とは?保護命令の種類や保護命令の流れを弁護士が解説

不倫慰謝料の相場

  1. 【不倫慰謝料の相場】裁判で最も高額の不倫慰謝料が認められ得るパターン
  2. 【不倫慰謝料の相場】不倫が原因で離婚した場合に裁判所が認めている金額
  3. 【不倫慰謝料の相場】夫婦が同居を続けた場合に裁判所が認めている金額

婚姻費用

【婚姻費用】相手が無職・低収入の場合は潜在的稼働能力を主張しよう

婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な費用(生活費、居住費、食費、医療費、学費など)のことをいいます(民法760条)。相手より…

財産分与

隠し財産を見つけ出して財産分与で損をしない方法(預貯金編)

離婚の話し合いでは、子どもに関する事項(親権者・面会交流の条件)やお金に関する事項(財産分与・慰謝料・養育費・年金分割・婚姻費用)など様々な…

離婚全般

略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説

略奪婚とは、恋人や配偶者がいる異性と恋愛関係となった上、恋人や配偶者から奪い取って結婚することをいいます。略奪婚が倫理的・道徳的に許されるも…

離婚全般

パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説

パパ活とは、一般に、女性が男性と一緒の時間を過ごし、その対価を得る活動のことを言います。近年、「パパ活」という言葉が急速に社会に浸透し、パパ活…

養育費

養育費を増額して教育費(私立学校や大学の学費等)を受け取る方法

多くの夫婦は、離婚する際に、離婚後の子どもの親権者の取り決めに付随して、養育費の金額を取り決めます。養育費の具体的な金額については、裁判所は、…

不倫慰謝料

夫以外の男性と恋愛することの5つのリスク

探偵社などが実施しているアンケートの結果を分析すると、浮気・不倫をしたことがある人の割合が2割を下回っている結果は見られず、3割を超えている例…

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由