離婚全般・離婚慰謝料

有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時の離婚までの進め方

2023-08-03

有責配偶者の請求で離婚に至ることはよくある

 「好きな人ができたから離婚したい」が通ることも、有責配偶者からの離婚請求(浮気・不倫した方からの離婚請求)が通ることも特に珍しいことではなく、よくある離婚の形の一つです。
 結婚した後も、あなたの人生はあなたが主役の人生であり、自分の幸せを犠牲にして夫(妻)の期待するところの自分であり続けなければならないものではありません。
 そして、人は、結婚していたとしても好きな人ができることがあり、それが引き金となって夫(妻)と離婚したくなってしまうことがあるものなんです。
 この記事では、好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法(特に有責配偶者に該当する可能性がある場合の進め方や離婚するためのポイント)を解説します。

【この記事を読む】

うつ病の夫(妻)と離婚した方がいい場合と離婚したい場合の進め方

2023-08-01

うつ病は人生を見直すキッカケになる場合がある

 夫(妻)が何事も無くうつ病から立ち直ってくれるのであれば、それが一番でしょう。
 しかし、夫(妻)のうつ病の治療が長引いているうちに、夫(妻)との生活に精神的な限界を感じたり、子どもへの悪影響が生じたりする場合もあります。
 また、うつ病の夫(妻)に振り回され、努力をし続ける生活を続けるうちに、夫(妻)のことが嫌いになり、一緒にいたくないと感じるようになることもあるものです。
 この記事では、うつ病の夫(妻)との離婚問題について解説します。

【この記事を読む】

離婚の取り消しや無効を役所に認めさせて戸籍を離婚前に戻す方法

2023-07-25

役所には離婚の取り消しや無効を決める権限なし

 役所は提出された離婚届の記載の形式的な不備のみをチェックして、その点に問題がなければ離婚届を受理した上、戸籍に「離婚」と記載し、婚姻の際に入籍した方の戸籍を別の戸籍に移します。
 その上、役所には一度受理した離婚届を役所の判断で取り消したり無効の扱いとしたりする権限がありません。
 そのため、離婚が取り消せるものであったり無効であったりした場合でも、役所は戸籍を元に戻してはくれません。
 この記事では、役所に離婚をなかったことにしてもらうために必要な離婚の無効確認と離婚の取り消しについて詳しく解説します。

【この記事を読む】

離婚後に浮気・不倫が発覚した場合に慰謝料請求を実現する方法

2023-07-18

浮気・不倫を隠して離婚したことの落とし前

 浮気・不倫相手の異性に心移りしたことで配偶者との離婚を望むようになった時、素直に「好きな人ができた。その人と一緒になりたいから離婚してほしい。」などと白状するでしょうか?
 そのような時、多くの場合は、真実の離婚を望む理由は隠したまま、どうにか離婚に合意してもらおうと考えます。
 ただ、そのようにして離婚に至った後になって、実は離婚前から浮気・不倫をしていたことが発覚する場合もあります。
 その場合、離婚を取り消したり、慰謝料を請求したりすることができるでしょうか。

【この記事を読む】

離婚しないで別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間

2023-07-07

離婚しないで別居を続けることは損か得か

 別居婚や卒婚という言葉もあるように、夫婦が話し合って納得した上で円満に別居するスタイルの生活を選択している場合もあります。
 他方、夫婦の婚姻関係が悪化して別居に至ったものの、離婚をしていない状況の夫婦もいます。
 離婚は夫婦が合意すればいつでも成立するものですが、離婚を求めても相手が離婚に合意しない場合には簡単には離婚は成立しません。
 この記事では、夫婦が話し合って円満に別居を続ける選択をした場合や、別居中の夫婦の一方が離婚に合意しなかった場合に、離婚しないで別居を続ける状況がどの程度継続する可能性があるかを解説します。

【この記事を読む】

【偽装離婚】夫婦生活を続けながら離婚のメリットだけ受けることはあり?なし?

2023-07-06

偽装離婚には極めて多くのデメリットがあります

 偽装離婚とは、一般に、夫婦共同生活の実態を維持しつつ、離婚によってもたらされるメリットを得ることのみを目的として離婚届を提出する行為を言います。
 離婚によってもたらされるメリットとしては、例えば児童扶養手当・児童育成手当・母子家庭の住宅手当(家賃補助)・ひとり親家庭等医療費助成制度・その他各種割引の制度などの公的支援や、生活保護の受給、保育園への優先入園、財産隠しや夫婦の財産の維持などが考えられます。
 しかしながら、偽装離婚には犯罪が成立する可能性もある他、様々なデメリット・リスクがあり、本当の意味での夫婦関係の破綻につながる可能性もあり、後から後悔してもしきれないような状態になるリスクがあります。

【この記事を読む】

自己破産が離婚問題(離婚理由・財産分与・養育費・慰謝料)に与える影響

2023-07-05

自己破産は離婚問題に多大な影響を及ぼす

 離婚問題を進める中で、自己破産の問題が持ち上がることも珍しいことではありません。
 特に、婚姻費用の義務者は、相手に婚姻費用の支払いや住宅ローンの支払いをしつつ、自身の居住費や生活費なども負担しなければらないという地獄のような状況となる場合があります。
 ただ、自己破産は破産者のみならず破産者の配偶者(離婚問題の相手)にも多大な影響を及ぼす可能性のあるものです。
 そのため、自己破産の手続きを開始するか、それとも配偶者(離婚問題の相手)の協力を得てどうにか自己破産を回避するかについて検討し、配偶者(離婚問題の相手)とも話し合っていくことが必要です。
 この記事では、自己破産を理由とする離婚問題と、自己破産が婚姻費用や離婚条件(養育費・財産分与・慰謝料)に与える影響を解説します。

【この記事を読む】

セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料

2023-07-04

セックスレスは離婚や慰謝料請求の理由になる

 夫婦間の性の不一致、とりわけセックスレス・性行為の拒否という問題は、夫婦間で互いに納得する解決方法・解決策が見つからず、解決しないまま夫婦の婚姻関係が破綻して離婚問題に繋がっていきやすい問題です。
 夫(妻)が拒否するためにセックスレスから抜け出せない状況はとても辛いことであり、別れたい・離婚したいとの考えに至ることもあることです。
 裁判例を見ても、セックスレスが原因で夫婦の婚姻関係が破綻して離婚に至る例は数多く存在しています。
 また、その場合には、セックスを拒否した方に拒否をするだけの筋の通った理由がなければ、慰謝料請求が認められる可能性も高いです。
 この記事では、セックスレスや性行為の拒否を理由に離婚する方法と慰謝料の相場金額について解説します。

【この記事を読む】

スピード離婚とは?結婚して後悔する理由やスピード離婚の進め方を解説

2023-07-04

結婚に「こんなはずじゃなかった」と後悔した場合

 スピード離婚とは、結婚してから短期間(概ね3年未満)ですぐに離婚することをいいます。
 直近4年間(平成29年〜令和2年)の同居期間別の離婚件数を見ると、同居期間が3年未満の場合の離婚件数は全体の約18.8%(概ね5組に1組)であり、非常に多くの夫婦がスピード離婚をしています。
 結婚には、このような結婚してすぐに離婚に至るような「こんなはずじゃなかった」との後悔があり得てしまうものなのです。
 この記事では、スピード離婚を選択する理由やスピード離婚の際の離婚条件の特徴、離婚の進め方について解説します。

【この記事を読む】

夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説

2023-06-29

夫と離婚したい!離婚の理由は夫が嫌いだから!

 夫と離婚したいと考える理由は、何十年も前から「性格の不一致」(性格が合わない)との理由が最多数となっています。
 ただ、夫と離婚したいと思い、夫に離婚を切り出しても、夫がどうしても離婚してくれない場合もあります。
 この記事では、夫と離婚したいけれど夫にこれといった非がなかったり、明確な離婚の理由がない場合に、「性格の不一致」という離婚の理由で夫と離婚する方法を詳細に解説します。

 【この記事を読む】 « Older Entries Newer Entries »

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由