離婚全般・離婚慰謝料

離婚後に浮気・不倫が発覚した場合に慰謝料請求を実現する方法

更新日: 

浮気・不倫を隠して離婚したことの落とし前

 浮気・不倫相手の異性に心移りしたことで配偶者との離婚を望むようになった時、素直に「好きな人ができた。その人と一緒になりたいから離婚してほしい。」などと白状するでしょうか?
 そのような時、多くの場合は、真実の離婚を望む理由は隠したまま、どうにか離婚に合意してもらおうと考えます。
 ただ、そのようにして離婚に至った後になって、実は離婚前から浮気・不倫をしていたことが発覚する場合もあります。
 その場合、離婚を取り消したり、慰謝料を請求したりすることができるでしょうか。

【この記事を読む】

離婚しないで別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間

更新日: 

離婚しないで別居を続けることは損か得か

 別居婚や卒婚という言葉もあるように、夫婦が話し合って納得した上で円満に別居するスタイルの生活を選択している場合もあります。
 他方、夫婦の婚姻関係が悪化して別居に至ったものの、離婚をしていない状況の夫婦もいます。
 離婚は夫婦が合意すればいつでも成立するものですが、離婚を求めても相手が離婚に合意しない場合には簡単には離婚は成立しません。
 この記事では、夫婦が話し合って円満に別居を続ける選択をした場合や、別居中の夫婦の一方が離婚に合意しなかった場合に、離婚しないで別居を続ける状況がどの程度継続する可能性があるかを解説します。

【この記事を読む】

【偽装離婚】夫婦生活を続けながら離婚のメリットだけ受けることはあり?なし?

更新日: 

偽装離婚には極めて多くのデメリットがあります

 偽装離婚とは、一般に、夫婦共同生活の実態を維持しつつ、離婚によってもたらされるメリットを得ることのみを目的として離婚届を提出する行為を言います。
 離婚によってもたらされるメリットとしては、例えば児童扶養手当・児童育成手当・母子家庭の住宅手当(家賃補助)・ひとり親家庭等医療費助成制度・その他各種割引の制度などの公的支援や、生活保護の受給、保育園への優先入園、財産隠しや夫婦の財産の維持などが考えられます。
 しかしながら、偽装離婚には犯罪が成立する可能性もある他、様々なデメリット・リスクがあり、本当の意味での夫婦関係の破綻につながる可能性もあり、後から後悔してもしきれないような状態になるリスクがあります。

【この記事を読む】

自己破産が離婚問題(離婚理由・財産分与・養育費・慰謝料)に与える影響

更新日: 

自己破産は離婚問題に多大な影響を及ぼす

 離婚問題を進める中で、自己破産の問題が持ち上がることも珍しいことではありません。
 特に、婚姻費用の義務者は、相手に婚姻費用の支払いや住宅ローンの支払いをしつつ、自身の居住費や生活費なども負担しなければらないという地獄のような状況となる場合があります。
 ただ、自己破産は破産者のみならず破産者の配偶者(離婚問題の相手)にも多大な影響を及ぼす可能性のあるものです。
 そのため、自己破産の手続きを開始するか、それとも配偶者(離婚問題の相手)の協力を得てどうにか自己破産を回避するかについて検討し、配偶者(離婚問題の相手)とも話し合っていくことが必要です。
 この記事では、自己破産を理由とする離婚問題と、自己破産が婚姻費用や離婚条件(養育費・財産分与・慰謝料)に与える影響を解説します。

【この記事を読む】

死後離婚とは?死別した配偶者の親族との関係を断ち切る方法を解説

更新日: 

死後離婚で配偶者の親族との縁を一方的に切る!

 死後離婚とは、死別した配偶者の血族との間の姻族関係を終了させることをいいます。
 配偶者との婚姻関係は死別により解消しますが、配偶者の血族との間の姻族関係は配偶者と死別した後も続いていきます。
 つまり、妻の視点からすれば、夫と死別した後も、夫の母親は姑であり続け、夫の父親は舅であり続けるわけです。
 この配偶者の血族との間の姻族関係を終了させるのが「死後離婚」です。
 この記事では、死後離婚の手続き、死後離婚のメリット、相続や遺族年金への影響、子どもへの影響、戸籍や苗字(氏)への影響などについて解説します。

【この記事を読む】

ワンオペ育児とは?育児に協力しない夫との離婚や慰謝料・親権について解説

更新日: 

ワンオペ育児は別居や離婚につながっています

 ワンオペ育児とは、家事・育児に伴う作業の負担が圧倒的にひとりだけ(多くの場合妻だけ)にかかっている状態を意味します。
 今や子育て世代の女性の概ね80%程度が仕事をしており、特に25歳〜29歳の世代では87.7%もの女性が仕事をしています。
 それに対して、いったい何割の夫が育児に主体的に取り組んでいるのでしょうか。
 ワンオペ育児の状態は、夫に対する不信感の原因となり、別居や離婚の理由にもなるものです。
 この記事では、ワンオペ育児の状態が別居や離婚につながる理由や離婚問題の進め方、離婚条件(慰謝料・親権・養育費など)について解説をします。

【この記事を読む】

子どもへの虐待を理由とする離婚・慰謝料及び面会交流を解説

更新日: 

子どもを虐待する夫(妻)から子どもを守る

 児童虐待は、子どもを持つ親が絶対にやってはならない行為です。
 幼い子どもは親を信頼し、親に全てを委ねており、自分が児童虐待の被害に遭っているなど考えもしませんし、親の言いつけを守り、誰にも親の虐待について言いません。
 そんな子どもを虐待行為から守ることができるのは、もう一方の配偶者の決意と行動です。
 この記事では、児童虐待の種類や児童虐待を理由とする離婚・慰謝料や子どもを虐待していた親との面会交流などについて解説します。

【この記事を読む】

配偶者がいる人との内縁関係(重婚的内縁)の保護や慰謝料・認知などを解説

更新日: 

同居生活中の結婚できない男女の状況は複雑です

 不倫相手と同棲している場合など、男女の同居生活の形には様々な状況があります。
 近い将来の結婚に至るまでの期間限定のステップとして男女が同じ方向を向いて同居生活を続けている状況であればまだしも、なかなか結婚に至れない理由がある場合もあります。
 そのような場合、いつまでも男女が同じ方向を向いて同居生活を続けていける保証はなく、男女の間での温度差や将来像・本心の所在地が異なっていき、法律的にも人間関係的にも難しい問題が持ち上がってくる可能性があります。
 この記事では、配偶者がいる相手と同居生活をしている場合に生じ得る問題やそのような同居生活に対して認められる法律上の権利、相手の配偶者からの慰謝料請求や、子どもを妊娠した際の認知の問題などについて解説します。

【この記事を読む】

ママ活やホストクラブや女性用風俗は不倫?離婚や慰謝料について解説

更新日: 

ママ活やホストや女性用風俗にハマるリスク

 夫の風俗通いの発覚は夫婦間に離婚問題が持ち上がるきっかけの定番です。
 ただ、「性」の客商売は、男性向けだけではありません。
 近年、女性向けの風俗産業(ホストや女性用風俗など)を利用する女性の数は増えており、ママ活を利用する女性の数も増加しています。
 このような対価を支払って夫以外の男性と遊興したり、夫以外の男性からのサービスを受けたりしていたことが夫に発覚した場合、どのような法的なリスクがあるのでしょうか。

【この記事を読む】

価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方

更新日: 

「価値観の違い」は離婚に至る原因となる

 「価値観の違い」を理由に離婚する夫婦は数多く存在します。
 夫婦は大なり小なり互いに「価値観の違い」を感じ、それを受け入れて認め合ったり許し合ったり、話し合ってちょうど良い状況を探ったりしつつ、円満な夫婦の関係性を維持しています。
 しかし、受け入れられないような顕著な「価値観の違い」が表面化し、それが原因となって夫婦の婚姻関係が破綻に至る場合もあります。
 この記事では、離婚に至り得る夫婦間の「価値観の違い」の典型例や、「価値観の違い」を理由とする離婚の進め方について解説します。

【この記事を読む】 « Older Entries Newer Entries »

keyboard_arrow_up

0357085846 メールで相談予約