産後クライシスの原因・乗り越え方と離婚を決意した場合に考えるべきこと

産後クライシスは誰にでも起こり得るものです

 産後クライシスとは、一般に、産後に夫婦の婚姻関係が急激に悪化することを言います。
 子どもが生まれてから数年以内のタイミングは、夫婦の間で離婚問題が持ち上がることが極めて多いタイミングです。
 産後クライシスで離婚にまでは至らかったとしても「子どもの出産直後から夫婦仲が悪化したまま改善されていない状態の夫婦」の数は、極めて多数にのぼると考えられます。
 この記事では、産後クライシスの原因や産後クライシスの乗り越え方、産後クライシスで離婚を決意した場合の離婚の進め方について解説します。

1.産後クライシスとは

産後クライシスとは、一般に、産後に夫婦の婚姻関係が急激に悪化することを言います。

子どもが生まれてから数年以内のタイミングは、夫婦の間で離婚問題が持ち上がることが極めて多いタイミングです。

子どもがいる夫婦が離婚して母子家庭となるタイミングは、子どもが「0歳〜2歳」のタイミングが全体の39.6%にものぼります。

子どもが「3〜5歳」のタイミングまで含めると全体の59.3%にものぼっており、離婚する夫婦の半数以上が子どもが幼いタイミングで離婚しています

  1. 参考:厚生労働省・平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告・ひとり親世帯になった時の親及び末子の年齢

離婚が持ち上がってから実際に離婚が成立するまでに1年〜2年程度の期間を要することも珍しいことではありませんので、そうすると、子どもの出産直後の時期に離婚問題が持ち上がってしまう夫婦の数は極めて多いものと推測されます。

また、統計上の数字では現れてこない「離婚の危機を離婚瀬戸際で回避した夫婦の数」や「既に夫婦の婚姻関係は破綻しているものの子どものために離婚をしていないだけの夫婦の数」も相当な数にのぼっていることでしょう。

人の心や関係性の修復は容易ではなく、一度不信感や違和感などを抱いたり性格の不一致・価値観のズレを感じるようになった場合にそれを本質的に払拭・解消することは困難であることを考えると、「子どもの出産直後から夫婦仲が悪化したまま改善されていない状態の夫婦」の数は、極めて多数にのぼると考えられます。

夫婦は、将来離婚に至ることなどないと信じ、将来の伴侶と誓い合って、結婚するものです。

しかしながら、夫婦の婚姻関係は、子どもの出産直後という夫婦となって比較的早いタイミングで、早速悪化してしまう可能性があるのです。

2.産後クライシスの原因

産後クライシスに至る原因は様々な要因が複合的に積み重なっていることが多いものですが、大きく分けると、以下の3通りに分けることができます。

産後クライシスに至る原因

出産により妻に生じる変化
出産による生活状況の変化
①と②に対する夫の不理解・不対応 

①出産により妻に生じる変化

人の精神状態は、本人の意思とは無関係に、ホルモンのバランスに大きく左右されます。

そのこと自体は、人がそういう作りとなっているものであって、誰が悪いという問題ではありません。

そして、女性は、妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが急増しますが、出産した後はそれが急激に減少します。

このホルモンバランスの乱れにより、出産直後の女性は、自分の意思とは関係なく、自律神経が乱れてしまったり、精神的に不安定になってしまったりすることがあります。

出産した直後の女性は、漠然とした不安感に苛まれたり、理由もなくイライラしてしまったり、従前は許せていた夫の言動を許せない心持ちになってしまったり、攻撃的になってしまったり、夫とのスキンシップに嫌悪感を抱いたりすることがあります。

②出産による生活状況の変化

妻の出産により2人きりの家庭生活を送ってきた夫婦の生活の中に子どもが加わり、夫婦の生活は子どもが中心になります。

子育ての負担は、特に出産直後〜子どもが乳幼児である間は、妻の負担が圧倒的に大きなものとなることは避けがたいことも多いです。

③ ①と②に対する夫の不理解・不対応

妻は、子育ての中心人物として奮闘することとなる場合が多いです。

育児には休憩や休暇はありませんので、手放しに自由になれる時間はなく、睡眠は不足し、食事をとる時間も取れず、休みたいと考えても逃げ場がありません。

ストレスや疲労は溜まる一方で、精神的にも余裕がなくなってしまうことは当然です。

また、子どもの出産後は夫との夫婦水入らずの時間や夫のための時間を設けることは難しくなりますし、ホルモンバランスの乱れから夫に対してどうしてもスキンシップを拒否してしまったり攻撃的になってしまったりすることもあるところです。

それに対して、夫はどうでしょうか。

そのような妻の状況をしっかりと理解し、妻を労わり、妻の育児の負担が低減するように主体的に行動する夫ばかりではありません。

夫が、出産前と変わらない時間やお金の使い方を続けていたり、育児に対して思い付きや実情を理解しないままでの付け焼き刃の知識で横から口を挟んできたり、僅かばかりの育児への協力を殊更に強調するような言動をしたりすることも、よく聞く話です。

また、ホルモンバランスの乱れや育児疲れのために精神的に余裕がない妻の言動に対して不平不満を伝えてきたり、それだけにとどまらず「妻は出産後に人が変わってしまった」などと被害者のような感覚に陥る夫もいます。

中には、あえて仕事からの帰宅時間を遅くしたり、プライベートの時間を多く設けるようにしたりするなど、自宅から距離を置こうとする夫もいます。

夫婦間のスキンシップが減少・喪失し性交渉ができる状況でもないことや、そもそも妻から拒絶されていると感じられることから、このタイミングは夫が浮気・不倫に走りやすいタイミングでもあります。

夫婦の状況は、精神的に余裕がなくイライラしており夫に対して攻撃的な言動をしがちな妻と、そのような状況に理解を示すことなく子育てへの主体的な協力もせずに妻への不平不満を募らせる夫という状況です。

夫婦のコミュニケーションはうまく取れなくなり、妻は子育ての相談をすることができる相手がおらず、それでいて妻が実家に帰るとなれば夫の不平不満が大きくなったりします。

そのような状況では夫婦の婚姻関係が円滑に行くはずはありませんし、妻はますます精神的に追い詰められてしまいます

その結果、産後うつを発症してしまう妻もいます。

そのようにして、夫婦でしっかりと話し合う機会を設けることもできないまま、夫婦の間の精神的な繋がりは希薄化し、離婚問題に発展していってしまうのです。

産後うつについて

日本産婦人科医会によると、出産後に産後うつを発症してしまう女性は「およそ10%」(10人に1人)にものぼります。

  1. 引用:日本産婦人科医会・女性の健康Q&A・妊娠・出産・産後うつ病について教えてください

産後うつは、発症すると、突如強い悲しみを感じたり、涙が止まらなくなったり、情緒が不安定となったり、重症の場合には、不眠・摂食障害(食欲減退・過食)の他、子どもも含め物事に対する関心が喪失し、無力感や絶望感を感じ、そのような自分に対する罪悪感に苛まれ、最悪のケースでは自殺に至る場合もある恐ろしい病気です。

産後うつは、軽度であれば周囲の理解と支えにより自然に回復することもありますが、症状が重い場合には医療機関での治療が必要となります。

出産後の子育てでストレスが溜まっていると感じたり、精神的な辛さを感じたりしている場合には、「きっと大丈夫」ではなく、「念の為」という視点で、念の為に医療機関の診断を受けることをお勧めします。

3.産後クライシスを乗り越えるには

産後クライシスを乗り越えるためには、何よりも、夫婦相互の理解と協力が必要であり、産後の時期を夫婦で乗り越えていくという意識が重要です。

出産によるホルモンバランスの乱れは、個人差はありますが、産後1か月程度(母乳保育の場合は母乳をやめてから1〜3か月程度)で正常に戻ります。

夫が、事前に、出産により妻に生じ得る変化(人の作りからして妻の意思とは関係がなくそのようなことが起こり得るということ)を理解して受け入れるとともに、出産後は子ども中心の生活となることを受け入れることは、絶対に必要でしょう。

その上で、夫婦のそれぞれの生活状況や、出産後の状況を想定し、しっかりと話し合っておくことが重要です。

夫には、妻の状況をしっかりと理解し、妻を労わり、妻の育児の負担が低減するように主体的に行動することが求められます。

出産後の家事・育児の基本的な役割分担を決めつつ、実際に出産した後にそれをベースに夫婦でより良い形を模索するようにすることも有用です。

また、夫は、妻に対して、仕事などの夫がその時期にどうしても絶対にやらなければならない事項や、その時期にやるべきであると考えている事項をしっかりと説明して分かってもらい、妻はそれをしっかりと理解して分かってあげることも必要でしょう。

妻としても、なんでもかんでも自分で抱え込む必要は全くありませんので、周囲の人の手を借りて、夫に頼るところはどんどん頼って、適宜自分だけの時間を確保するなどして、無理のし過ぎの状況に陥らないようにすることが重要です。

妻が健やかに笑っていてくれればそれだけで嬉しいと感じる夫も多く、そのような妻のためには協力を惜しまない夫も沢山いるものです。

4.産後クライシスで離婚を決意した場合の離婚の進め方

産後の状況を受けて、離婚を決意した場合には、どのように離婚問題を進めていけば良いでしょうか。

⑴協議離婚

夫が離婚及び離婚条件に合意すれば、離婚の理由は問わず、離婚は成立します。

そのため、夫が離婚に合意している場合には、夫と離婚条件などを話し合って、協議離婚(離婚すること及び離婚条件について夫婦が話し合って合意して離婚を成立させる離婚の方法)の形で離婚問題を解決することで目指すことで良いでしょう。

協議離婚の成立要件や注意点については【協議離婚とは?協議離婚の成立要件や離婚協議書の重要性を弁護士が解説】を、離婚の協議において夫との間で話し合いをしていくこととなる具体的な内容や離婚問題を有利に進めるためのポイントは【離婚の際に抑えるべきポイント】をご確認ください。

ただ、夫が離婚に合意しなかったり、離婚条件に関して夫との話し合いが難航しそうであったりする場合には、別居ができる状況であれば早めに別居を開始することが良いでしょう。

離婚問題における別居を開始することのメリットについて詳しくは【別居して離婚を考えている】をご確認ください。

また、協議離婚の成立を早急に諦めて離婚調停を申し立てた方が結果として早期に有利な条件で離婚が達成できると思われる場合もありますので【離婚調停で離婚を有利に!離婚調停を早期に申し立てた方が良いケース】ご確認ください。

⑵離婚調停

協議離婚にて離婚合意が成立しなそうな場合には、家庭裁判所に離婚調停を申し立てて調停離婚の成立を目指すことになります。

離婚調停とは、夫婦間の離婚問題を解決するために、裁判所(調停委員会)が仲介して夫婦間の合意を成立させるための手続きです。

離婚調停では、調停委員が離婚に合意しない方を離婚に合意させようと必死に検討してくれることもあり、全体の5割以上(離婚調停中に協議離婚が成立した場合も含む)で離婚の合意が成立しており、離婚調停に弁護士が関与している場合にはさらに離婚合意の成立率は高まります。

離婚調停について詳しくは【離婚調停とは?申立てから終了までの流れや平均的な期間・手続の特徴を解説】をご確認ください。

⑶離婚裁判

夫が離婚調停でも離婚に合意せず、離婚調停が不成立で終わった場合には、離婚するためには離婚裁判を提起することが必要です。

離婚裁判を提起した場合の直近10年間(平成23年〜令和2年)の離婚の成立率(判決離婚又は和解離婚に至る割合)は合計で82.7%であり、ほとんどの場合で離婚が成立しており、離婚裁判はまさに離婚達成のための最終手段といえます。

離婚裁判について詳しくは【離婚裁判は離婚達成のための最終手段!手続きの流れや期間・要件などを解説】をご確認ください。

離婚裁判で裁判所に離婚判決を出してもらうためには、裁判所に離婚原因(法定離婚原因)が存在していることを認定してもらうことが必要です。

具体的には、夫が不倫をしたなどの事情がない場合には、裁判所が夫婦の間に「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)が存在すると判断すれば離婚判決が出されることになりますし、裁判所が夫婦の間に「婚姻を継続し難い重大な事由」は存在しないと判断すれば棄却判決(離婚請求を認めない判決)が出されることになります。

そして、裁判所は、夫婦の間に「婚姻を継続し難い重大な事由」が存在しているかどうかを、その夫婦の間に存在した多種多様な事情を総合的に考察・検討して判断します。

「婚姻を継続し難い重大な事由」の存否を巡る離婚裁判の特徴や具体的にどのようなことを行っていくこととなるのかについては【離婚裁判で激しい争いとなりやすい典型的な5つのケースを解説します・③「婚姻を継続し難い重大な事由」の存否を巡る争いがあるケース】をご確認ください。

5.本当に離婚で良いのか改めて検討する時間は大切です

離婚は、離婚問題に精通した弁護士に依頼をすれば、高確率で成立に至ることができます

ただ、夫が不倫をしたり、夫からの暴力(DV)・モラハラがあったりするのであればまた別の問題ですが、そうでない場合には、本当に離婚で良いのか、今一度改めて慎重に考えてみることは大切です

産後クライシスを切り抜けて、幸せな家族に成長していく夫婦も多くいます。

また、離婚後の生活状況がどのようなものとなり得るのかは、本当に離婚に踏み切って良いのかの最終的な判断をする前に、その前提として知っておくことが有用です。

レイスター法律事務所では、無料法律相談において、個別的・具体的な事情を踏まえて、離婚に踏み切った場合に、離婚紛争がどのような状況になるのか・離婚が成立する時期の見通しや、最終的にどのような離婚条件となる見込みが高いのかなどといった具体的なアドバイスを行なっていますので、できれば離婚を切り出す前に、是非ご利用ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

 執筆者との無料法律相談 

レイスター法律事務所 弁護士山﨑慶寛

レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

人気記事

離婚の際に抑えるべきポイント

離婚する意思が固まっていたとしても、相手が離婚に合意しない場合には、どのように相手に離婚に…

夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説

司法統計によると、離婚したい理由は何十年も前から「性格の不一致」(性格が合わない)が最多…

有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法

男女は、知り合い、交際し、婚約して、結婚します。そして、結婚とは、世の中に無数に存在する…

短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方

別居中の配偶者と離婚したい場合、相手が離婚に合意するのであればいつでも離婚(協議離婚)が成…

面会交流は拒否できる?拒否が認められる事情と拒否した場合のリスク

夫婦は様々な理由で別居に至ります。夫との性格の不一致や価値観の違いに限界を感じて離婚を決…

離婚に伴う財産分与における住宅ローンが残っている不動産の取り扱い

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に公平に分け合う制度を…

価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
離婚せず別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
退職金が離婚時の財産分与の対象となる場合とならない場合を解説

弁護士に無料相談!

離婚・不倫慰謝料請求・男女トラブルに関するご相談はレイスター法律事務所へ。

弁護士が60分無料で問題解決に向けた実践的なアドバイスをいたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5708-5846 相談予約フォーム

モラハラ離婚の基礎知識

モラハラとは?モラハラ夫(妻)の特徴や具体的な言動と対処法
モラハラ夫(妻)と離婚したい!モラハラ離婚の進め方の流れを解説
モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件の全体像を順に解説
モラハラ離婚の慰謝料の相場と慰謝料獲得を失敗しないための方法・必要な証拠

DV離婚の基礎知識

DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項
【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません
DV離婚の慰謝料相場と慰謝料が裁判で認められるための証拠
保護命令とは?保護命令の種類や保護命令の流れを弁護士が解説

不倫慰謝料の相場

  1. 【不倫慰謝料の相場】裁判で最も高額の不倫慰謝料が認められ得るパターン
  2. 【不倫慰謝料の相場】不倫が原因で離婚した場合に裁判所が認めている金額
  3. 【不倫慰謝料の相場】夫婦が同居を続けた場合に裁判所が認めている金額

婚姻費用

【婚姻費用】相手が無職・低収入の場合は潜在的稼働能力を主張しよう

婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な費用(生活費、居住費、食費、医療費、学費など)のことをいいます(民法760条)。相手より…

財産分与

隠し財産を見つけ出して財産分与で損をしない方法(預貯金編)

離婚の話し合いでは、子どもに関する事項(親権者・面会交流の条件)やお金に関する事項(財産分与・慰謝料・養育費・年金分割・婚姻費用)など様々な…

離婚全般

略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説

略奪婚とは、恋人や配偶者がいる異性と恋愛関係となった上、恋人や配偶者から奪い取って結婚することをいいます。略奪婚が倫理的・道徳的に許されるも…

離婚全般

パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説

パパ活とは、一般に、女性が男性と一緒の時間を過ごし、その対価を得る活動のことを言います。近年、「パパ活」という言葉が急速に社会に浸透し、パパ活…

養育費

養育費を増額して教育費(私立学校や大学の学費等)を受け取る方法

多くの夫婦は、離婚する際に、離婚後の子どもの親権者の取り決めに付随して、養育費の金額を取り決めます。養育費の具体的な金額については、裁判所は、…

不倫慰謝料

夫以外の男性と恋愛することの5つのリスク

探偵社などが実施しているアンケートの結果を分析すると、浮気・不倫をしたことがある人の割合が2割を下回っている結果は見られず、3割を超えている例…

離婚全般に関する記事一覧

  1. 婚約破棄の慰謝料請求の可否や相場金額・証拠について解説
  2. 離婚届を離婚に同意しない相手に無断で提出することはあり?なし?
  3. 協議離婚とは?協議離婚の成立要件や離婚協議書の重要性を弁護士が解説
  4. 内縁(事実婚)の場合の婚姻費用請求・慰謝料・財産分与などを解説
  5. 内縁(事実婚)とは?法律婚との違いや内縁の保護を受けるための証拠を解説
  6. 嫁姑問題を理由に離婚するには?離婚の進め方やポイントを弁護士が解説
  7. 【偽装離婚】夫婦生活を続けながら離婚のメリットだけ受けることはあり?なし?
  8. 短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方
  9. 離婚したいけれどお金がない!専業主婦の離婚で生活費はどうなる?
  10. セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
  11. うつ病の夫(妻)と離婚した方がいい場合と離婚したい場合の進め方
  12. 夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説
  13. 有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法
  14. 騙されて結婚してしまった!相手選びに失敗した結婚から解放される方法
  15. 離婚の取り消しや無効を役所に認めさせて戸籍を離婚前に戻す方法
  16. 配偶者に浮気・不倫をやめさせたい!離婚しないために必要なこと
  17. 離婚後に浮気・不倫が発覚した場合に慰謝料請求を実現する方法
  18. 離婚しないで別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
  19. 自己破産が離婚条件(財産分与・養育費・慰謝料など)に与える影響を解説
  20. スピード離婚とは?スピード離婚を選択する理由や離婚の進め方を解説
  21. カサンドラ症候群やアスペルガー症候群を理由とする離婚問題を解説
  22. 死後離婚とは?死別した配偶者の親族との関係を断ち切る方法を解説
  23. ワンオペ育児とは?育児に協力しない夫との離婚や慰謝料・親権について解説
  24. 配偶者がいる人との内縁関係(重婚的内縁)の保護や慰謝料・認知などを解説
  25. 子どもへの虐待の具体例や虐待を理由とする離婚・慰謝料及び面会交流を解説
  26. 夫以外の子(不倫相手や再婚予定の男性の子)を妊娠した時の選択肢
  27. 女性に再婚禁止期間があるのはなぜ?待婚期間なしの例外や手続きも解説
  28. 妻が産んだ子が自分の子じゃなかった場合に親子関係を否定する方法
  29. 認知とは?結婚していない父親から養育費をもらうための手続きを解説
  30. 妊娠中に離婚したい場合の重要事項(親権・戸籍・養育費など)を解説
  31. ママ活やホストクラブや女性用風俗は不倫?離婚や慰謝料について解説
  32. 価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
  33. パパ活で男性が負う犯罪被害や慰謝料・離婚問題などのリスクを解説
  34. パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説
  35. 共依存夫婦の特徴・原因・危険性と共依存から抜け出すために必要なこと
  36. 略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説
  37. 悪意の遺棄で離婚や慰謝料請求する際に裁判所が重視するポイントを解説
  38. 悪意の遺棄を理由とする離婚・慰謝料請求の流れと必要な証拠を解説
  39. 【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
  40. 産後クライシスの原因・乗り越え方と離婚を決意した場合に考えるべきこと
  41. マザコン夫と離婚したい!マザコン夫の特徴とマザコンが理由の離婚の可否
  42. 婚前契約書を作成するメリットや具体的内容・要件・法律上の効果を解説
  43. 夫(妻)の浪費・借金問題で離婚を決意した際に知っておくべき事項
  44. 配偶者が同性と不倫していた場合の離婚問題・慰謝料請求について解説します
  45. 熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
  46. 離婚裁判で激しい争いとなりやすい典型的な5つのケースを解説します
  47. いきなり離婚裁判の提起は可能?調停前置主義の内容・例外・注意点を解説
  48. 離婚裁判は離婚達成のための最終手段!手続きの流れや期間・要件などを解説
  49. 離婚調停で離婚を有利に!離婚調停を早期に申し立てた方が良いケース
  50. 離婚調停とは?申立てから終了までの流れや平均的な期間・手続の特徴を解説
  51. 家庭内別居とは?離婚の可否・離婚条件・不貞かどうかの結論が変わる大問題
  52. 離婚後に苗字を変えない方法と結婚前の苗字(旧姓)に戻す方法を解説
  53. 【離婚届】離婚届の「証人」欄について知っておきたい事項
  54. 夫がアルコール依存症の場合に家族が考えるべき重要な事項
  55. 夫の風俗通いが発覚!離婚・慰謝料請求は認められる?

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由