【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません

DV被害の可能性を感じたら

 DVの種類には、身体的DV以外にも、精神的DV、経済的DV、性的DV、社会的DVがあります。
 その他にも、悪質なDVの手法として、子どもを使ったDVがあります。
 コロナ禍の影響により夫婦で過ごす時間が増加したことに伴い、今まで見えてこなかった配偶者のDVの予兆を感じることもあるでしょう。
 ご自身がDVの被害を受けていることはないか、配偶者がDVをしてくる予兆を示してはいないか、ご確認ください。

1.DVとは身体的暴力だけを指すものではない

DV(家庭内暴力)は、絶対にあってはならないはずの最悪の行動です。

DVと言われて真っ先に思い浮かべるのは、殴る・蹴るなどといった身体的な暴力でしょう。

ただ、DVとは、そのような身体的暴力に限られるものではなく、その他にも様々な種類が存在しています。

DVの種類

①身体的DV(身体的暴力)
②精神的DV(精神的暴力)
③経済的DV(経済的暴力)
④性的DV(性的暴力)
⑤社会的DV(社会的暴力)
⑥子どもを使ったDV

①身体的DV(身体的暴力)

身体的DV(身体的暴力)は、DVの典型例であり、例えば以下のような行為です。

 身体的DV(身体的暴力)の具体例 

  1. 殴る、蹴る、小突く、腕をねじる、首を絞める
  2. 突き飛ばす、階段から突き落とす
  3. 髪を引っ張る、髪を持って引きずり回す
  4. 物を投げつける
  5. 治療を受けさせない
  6. 包丁などの凶器で切りつける、突きつける
  7. このような行動をする素振りを見せて脅かす

②精神的DV(精神的暴力)

精神的DV(精神的暴力)は「モラハラ」とも呼ばれるもので、DVの一種です。

夫婦間のモラハラは「家庭」という「三密」で恒常的に行われるため、逃げ場がなく、精神的にぎりぎりまで追い詰められてしまい、精神疾患を発症してしまう例もある、深刻な問題です。

夫婦間のモラハラの特徴
「家庭」という「三密」での恒常的なモラハラ

密閉空間でのモラハラ
モラハラをしてくる配偶者と生活の本拠が同一なので逃げ場がない
密集場所でのモラハラ
夫婦間のモラハラは同一の部屋内で行われるので逃げ場がない
密接場面でのモラハラ
夫婦間のモラハラは対面で行われるので逃げ場がない

  ↓
精神疾患などの深刻な被害

配偶者暴力防止法(DV防止法)も、精神的DV(精神的暴力)も「配偶者からの暴力」(すなわちDV)に該当することを定めています(同法1条1項)。

配偶者暴力防止法(DV防止法)1条1項

「この法律において「配偶者からの暴力」とは、配偶者からの身体に対する暴力(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものをいう。以下同じ。)又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動(以下この項及び第二十八条の二において「身体に対する暴力等」と総称する。)をいい(略)」

例えば以下のような行為は精神的DV(精神的暴力)に当たる場合があります。

 精神的DV(精神的暴力)の具体例 

  1. 口汚くののしる、暴言を吐く
  2. 脅す
  3. 見下すような発言をする
  4. 強く従わせる
  5. 大声で怒鳴る
  6. 無視する
  7. 発言をさせない
  8. 家への出入りを制限する、家から締め出す
  9. 大事にしている物を壊す、捨てる
  10. 大事にしている物をバカにする
  11. 人前でバカにする
  12. 命令口調で要求する

モラハラに関する事項は以下の記事に詳しく解説していますので、ご確認ください。

③経済的DV(経済的暴力)

生きる上で金銭を消費することは必要です。

経済的DV(経済的暴力)は、その金銭を消費することを、徹底的に制限し、管理下に置いて監視する行為です。

DV加害者の大きな傾向として、配偶者を力で支配したいという思いがあります。

その思いが、配偶者から経済力・金銭という生きるための力を奪うことに向かった形です。

例えば以下のような行為は経済的DV(経済的暴力)に当たる場合があります。

 経済的DV(経済的暴力)の具体例 

  1. 仕事をさせない、仕事を辞めさせる
  2. 何も買わせない、買い物の決定的を与えない
  3. 欲しいものを買う際に懇願・土下座をさせる
  4. 生活費を渡さない
  5. 生活費を渡す時に懇願・土下座をさせる
  6. 過度に家計を管理する
  7. 使途を過度に細かくチェックする
  8. 金銭の消費につき苦言を呈して謝罪を強要する
  9. 半ば無理やり借金を負わせる
  10. 生活のために借金をしていることを見て見ぬふりをする
  11. 相手の金を無断で使用する

経済的DV(経済的暴力)は、被害者が自身がDVの被害者であることに気が付きにくいとの特徴があります。

④性的DV(性的暴力)

夫婦であっても同意のない性交渉が許されないのは当然です。

また、避妊に協力しなかったり、中絶を強要したりすることも、当然許されない行為です。

例えば以下のような行為は性的DV(性的暴力)に当たる場合があります。

 性的DV(性的暴力)の具体例 

  1. 望まない性行為を強要する
  2. 嫌がる行為を強く強要する
  3. 性的な事柄についてなじる、否定する
  4. 避妊に協力しない
  5. 中絶を強要する
  6. 扇情的な動画の視聴や書籍を読むことを強要する
  7. 身体を道具のように扱う

⑤社会的DV(社会的暴力)

家族や友人を含む家庭外の全ての人間関係の断絶を強要することも、DVの一種です。

社会と断絶させられて、生きる世界が文字通り家庭内にしかない状況に置かれると、人は逃げられず、理不尽な要求に立ち向かう力も気力も失ってしまいかねません。

これも、配偶者を力で支配したいというDV加害者の思いが現れたものと言えます。

例えば以下のような行為は社会的DV(社会的暴力)に当たる場合があります。

 社会的DV(社会的暴力)の具体例 

  1. 実家や友人との交流を制限する
  2. 他者との関係の希薄化を要求する
  3. 行動を監視する
  4. 電話やメールをチェックする
  5. 携帯電話にパスワードをかけることを許さない、開示を求める
  6. 手帳などを細かくチェックする

⑥子どもを使ったDV

DVの道具・手法として、子どもが使われることもあります。

例えば、以下のような行動です。

 DVの道具・手法として、子どもが使われている例 

  1. 子どもを取り上げる
  2. あえて子どもの前で暴力を振るう
  3. 子どもの前で罵倒する
  4. 子どもを虐待する
  5. 「子どもに危害を加える」などと脅す
  6. 子どもに悪口を吹き込む
  7. 子どもに非難・中傷する内容の発言を言わせる

2.DV被害の可能性を感じたら

コロナ禍の影響での在宅勤務が増加したことや、休日に外出しないで自宅で過ごす時間が増加したことで、夫婦で過ごす時間が増えました。

その影響で、以前は問題とならなかった配偶者の側面が見えてくる場合もあり、ちょっとしたすれ違いからDVに発展していく場合もあります。

客観的に見ればDV被害を受けていることが明らかである場合も、DV被害者はそのことに気がついていない場合もあります。

仮にあなたが、もしかしたら自分DVの被害を受けているかもしれないなと思ったとしたら、実は「かもしれない」ではなくて、明らかなDV被害を受けている状況の可能性もあります。

DVの被害を受けているかもしれないな、もしかしたら配偶者にDVの予兆があるかもしれないなと感じた場合には、事態が悪化する前に、配偶者暴力相談支援センターDV相談プラス女性センター福祉事務所精神保険福祉センター、警察などに相談することをお勧めします。

また、将来の離婚を見据える場合には、できるだけお早めに、弁護士に相談しておくことをお勧めします。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

 執筆者との無料法律相談 

レイスター法律事務所 弁護士山﨑慶寛

レイスター法律事務所
代表弁護士 山﨑慶寛

相談のご予約はこちら

公式SNSをフォローして最新情報をcheck⬇️

      

人気記事

離婚の際に抑えるべきポイント

離婚する意思が固まっていたとしても、相手が離婚に合意しない場合には、どのように相手に離婚に…

夫と離婚したい!「性格の不一致」で嫌いな夫と離婚する方法を弁護士が解説

司法統計によると、離婚したい理由は何十年も前から「性格の不一致」(性格が合わない)が最多…

有責配偶者でも離婚は可能!好きな人ができた時に夫(妻)と離婚する方法

男女は、知り合い、交際し、婚約して、結婚します。そして、結婚とは、世の中に無数に存在する…

短い別居期間で離婚するには?別居期間が短い場合の離婚の進め方

別居中の配偶者と離婚したい場合、相手が離婚に合意するのであればいつでも離婚(協議離婚)が成…

面会交流は拒否できる?拒否が認められる事情と拒否した場合のリスク

夫婦は様々な理由で別居に至ります。夫との性格の不一致や価値観の違いに限界を感じて離婚を決…

離婚に伴う財産分与における住宅ローンが残っている不動産の取り扱い

財産分与とは、夫婦が婚姻期間中に築いた財産(夫婦共有財産)を離婚の際に公平に分け合う制度を…

価値観の違いとは?離婚に至る「価値観の違い」の典型例と離婚の進め方
【悪意の遺棄】された方は離婚も慰謝料請求も可能!した方は離婚不可!
熟年離婚の原因・注意を要する離婚条件・離婚問題の進め方を解説します
セックスレスは離婚理由になる!夫(妻)が拒否する場合の離婚と慰謝料
離婚せず別居を続ける理由と別居しつつ離婚しない状況が継続可能な期間
退職金が離婚時の財産分与の対象となる場合とならない場合を解説

弁護士に無料相談!

離婚・不倫慰謝料請求・男女トラブルに関するご相談はレイスター法律事務所へ。

弁護士が60分無料で問題解決に向けた実践的なアドバイスをいたします。お気軽にお問い合わせください。

03-5708-5846 相談予約フォーム

モラハラ離婚の基礎知識

モラハラとは?モラハラ夫(妻)の特徴や具体的な言動と対処法
モラハラ夫(妻)と離婚したい!モラハラ離婚の進め方の流れを解説
モラハラ離婚の際に取り決めるべき離婚条件の全体像を順に解説
モラハラ離婚の慰謝料の相場と慰謝料獲得を失敗しないための方法・必要な証拠

DV離婚の基礎知識

DV夫との離婚を安全に進めるために知っておくべき重要事項
【DVの種類】DV(家庭内暴力)は身体的な暴力だけではありません
DV離婚の慰謝料相場と慰謝料が裁判で認められるための証拠
保護命令とは?保護命令の種類や保護命令の流れを弁護士が解説

不倫慰謝料の相場

  1. 【不倫慰謝料の相場】裁判で最も高額の不倫慰謝料が認められ得るパターン
  2. 【不倫慰謝料の相場】不倫が原因で離婚した場合に裁判所が認めている金額
  3. 【不倫慰謝料の相場】夫婦が同居を続けた場合に裁判所が認めている金額

婚姻費用

【婚姻費用】相手が無職・低収入の場合は潜在的稼働能力を主張しよう

婚姻費用とは、夫婦が通常の社会生活を維持するために必要な費用(生活費、居住費、食費、医療費、学費など)のことをいいます(民法760条)。相手より…

財産分与

隠し財産を見つけ出して財産分与で損をしない方法(預貯金編)

離婚の話し合いでは、子どもに関する事項(親権者・面会交流の条件)やお金に関する事項(財産分与・慰謝料・養育費・年金分割・婚姻費用)など様々な…

離婚全般

略奪婚の成功で幸せになれる?後悔しないための重要事項を解説

略奪婚とは、恋人や配偶者がいる異性と恋愛関係となった上、恋人や配偶者から奪い取って結婚することをいいます。略奪婚が倫理的・道徳的に許されるも…

離婚全般

パパ活とは?夫がパパ活をしていた場合の慰謝料請求と離婚問題を解説

パパ活とは、一般に、女性が男性と一緒の時間を過ごし、その対価を得る活動のことを言います。近年、「パパ活」という言葉が急速に社会に浸透し、パパ活…

養育費

養育費を増額して教育費(私立学校や大学の学費等)を受け取る方法

多くの夫婦は、離婚する際に、離婚後の子どもの親権者の取り決めに付随して、養育費の金額を取り決めます。養育費の具体的な金額については、裁判所は、…

不倫慰謝料

夫以外の男性と恋愛することの5つのリスク

探偵社などが実施しているアンケートの結果を分析すると、浮気・不倫をしたことがある人の割合が2割を下回っている結果は見られず、3割を超えている例…

keyboard_arrow_up

0357085846 問い合わせバナー 当事務所が選ばれる理由